Web情報を安全・簡単に公開できるエクストラネット構築ツール「AccessGuardian」を発売(住友金属システム開発) | ScanNetSecurity
2021.09.18(土)

Web情報を安全・簡単に公開できるエクストラネット構築ツール「AccessGuardian」を発売(住友金属システム開発)

 住友金属システム開発株式会社は、自社開発したエクストラネット構築ツール「AccessGuardian(アクセスガーディアン)」を8月に発売する。同ソフトは、プライベートネットワーク上のWeb情報を簡単かつ安全に、インターネットの特定ユーザへ提供するシステム。ファイア

製品・サービス・業界動向 業界動向
 住友金属システム開発株式会社は、自社開発したエクストラネット構築ツール「AccessGuardian(アクセスガーディアン)」を8月に発売する。同ソフトは、プライベートネットワーク上のWeb情報を簡単かつ安全に、インターネットの特定ユーザへ提供するシステム。ファイアウォールを設置していても利用可能で、インターネットからのアクセスを一元管理でき、また安全性が確保されていないインターネットの通信は、暗号化することで仮想専用線(VPN)を実現できるのが特徴。また、公開鍵証明書によるユーザー認証により、なりすまし防止とユーザ毎にアクセス可能な情報をコントロールできる。価格は200万円から。

http://www.nsc.ssd.co.jp/security/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×