チリ通商議会が認証局の構築にRSA Keon Certificate Serverを採用(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2021.09.24(金)

チリ通商議会が認証局の構築にRSA Keon Certificate Serverを採用(米RSA Security)

 米RSA Securityは7月12日、チリ共和国通商議会がディジタル認証局(CA)の構築にRSA Keon Certificate Serverが採用されたと発表した。  これによりチリ通商議会は同国初のディジタル認証書発行機関となった。RSA SecurityはチリのシステムインテグレーターであるADE

製品・サービス・業界動向 業界動向
 米RSA Securityは7月12日、チリ共和国通商議会がディジタル認証局(CA)の構築にRSA Keon Certificate Serverが採用されたと発表した。
 これによりチリ通商議会は同国初のディジタル認証書発行機関となった。RSA SecurityはチリのシステムインテグレーターであるADEXUSを通じてCA構築に貢献。導入は通商議会の技術部門が担当し、CAはADEXUSが保有するフォールト・トレラント環境にある「Global Center of Internet Services」内に設置され技術部門の目標であるWebサーバー証明書活用が実現に近づいた。
 今回の認証局の構築は、インターネット・ビジネスの将来を見据えたもの。

http://www.rsasecurity.co.jp/

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×