暗号技術公募要領の確定版を掲載(情報処理振興事業協会) | ScanNetSecurity
2021.09.26(日)

暗号技術公募要領の確定版を掲載(情報処理振興事業協会)

 情報処理振興事業協会(IPA)は、暗号技術公募要領の確定版を公開した。これは、平成15年度(2003年度)を目途として、その基盤を構築するとされている電子政府におけるセキュリティの共通基盤確保ために、国産の暗号技術を公募し、技術的・専門的見地から評価しようと

製品・サービス・業界動向 業界動向
 情報処理振興事業協会(IPA)は、暗号技術公募要領の確定版を公開した。これは、平成15年度(2003年度)を目途として、その基盤を構築するとされている電子政府におけるセキュリティの共通基盤確保ために、国産の暗号技術を公募し、技術的・専門的見地から評価しようというもの。公募(評価)対象の技術は、公開鍵暗号、共通鍵暗号、ハッシュ関数、疑似乱数生成の4種類。締切は平成12年(2000年)7月14日。公募要領は、PDF形式、Word97形式、一太郎形式で掲載されている。

http://www.ipa.go.jp/security/enc/CRYPTREC/12kobo.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×