米信用組合EasCorpがRSA Keonを採用し、財務情報などをWebで提供(米RSA Security) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

米信用組合EasCorpがRSA Keonを採用し、財務情報などをWebで提供(米RSA Security)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 米RSA Securityは7月10日、米国で最も規模の大きな信用組合のひとつであるEastern Corporate Federal Credit Union(略称EasCorp)が、RSA Keonを採用したと発表した。EasCorpは、今までは別のCAを用いていたが、証明書の発行が頻繁であることから、より拡張性、耐久性があるPKIソリューションが必要になり、今回、RSA Keonへの移行を決定した。これによりEasCorpは、ディジタル証明書を活用して財務情報のような機密情報をクライアントへWebで提供できるようなった。

http://www.rsasecurity.co.jp/

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×