米信用組合EasCorpがRSA Keonを採用し、財務情報などをWebで提供(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2021.09.28(火)

米信用組合EasCorpがRSA Keonを採用し、財務情報などをWebで提供(米RSA Security)

 米RSA Securityは7月10日、米国で最も規模の大きな信用組合のひとつであるEastern Corporate Federal Credit Union(略称EasCorp)が、RSA Keonを採用したと発表した。EasCorpは、今までは別のCAを用いていたが、証明書の発行が頻繁であることから、より拡張性、耐久性

製品・サービス・業界動向 業界動向
 米RSA Securityは7月10日、米国で最も規模の大きな信用組合のひとつであるEastern Corporate Federal Credit Union(略称EasCorp)が、RSA Keonを採用したと発表した。EasCorpは、今までは別のCAを用いていたが、証明書の発行が頻繁であることから、より拡張性、耐久性があるPKIソリューションが必要になり、今回、RSA Keonへの移行を決定した。これによりEasCorpは、ディジタル証明書を活用して財務情報のような機密情報をクライアントへWebで提供できるようなった。

http://www.rsasecurity.co.jp/

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×