RSA SecurIDがCoStar Group社が提供するサービスのユーザー認証に採用(米RSA Security) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.10(月)

RSA SecurIDがCoStar Group社が提供するサービスのユーザー認証に採用(米RSA Security)

 米RSA Securityは7月6日、米国不動産業界向けサービスのリーディングプロバイダーであるCoStar Group, Inc.が提供する「CoStar Exchange」のユーザー認証にRSA SecurIDが採用されたと発表した。  「CoStar Exchange」は不動産物件情報サービスであり、機密の高い約4万

製品・サービス・業界動向 業界動向
 米RSA Securityは7月6日、米国不動産業界向けサービスのリーディングプロバイダーであるCoStar Group, Inc.が提供する「CoStar Exchange」のユーザー認証にRSA SecurIDが採用されたと発表した。
 「CoStar Exchange」は不動産物件情報サービスであり、機密の高い約4万4千件の販売用不動産物件が掲載されているため、セキュアな環境が必要とされている。
 今回採用されたRSA SecurIDは二要素認証技術による認証ユーザーでデータへのアクセス可否を判断するものであり、この二要素認証製品は、システムへのアクセス記録は全て保管し、情報の完全性を実現している。

http://www.rsasecurity.co.jp/

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×