RSA SecurIDがCoStar Group社が提供するサービスのユーザー認証に採用(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2021.09.22(水)

RSA SecurIDがCoStar Group社が提供するサービスのユーザー認証に採用(米RSA Security)

 米RSA Securityは7月6日、米国不動産業界向けサービスのリーディングプロバイダーであるCoStar Group, Inc.が提供する「CoStar Exchange」のユーザー認証にRSA SecurIDが採用されたと発表した。  「CoStar Exchange」は不動産物件情報サービスであり、機密の高い約4万

製品・サービス・業界動向 業界動向
 米RSA Securityは7月6日、米国不動産業界向けサービスのリーディングプロバイダーであるCoStar Group, Inc.が提供する「CoStar Exchange」のユーザー認証にRSA SecurIDが採用されたと発表した。
 「CoStar Exchange」は不動産物件情報サービスであり、機密の高い約4万4千件の販売用不動産物件が掲載されているため、セキュアな環境が必要とされている。
 今回採用されたRSA SecurIDは二要素認証技術による認証ユーザーでデータへのアクセス可否を判断するものであり、この二要素認証製品は、システムへのアクセス記録は全て保管し、情報の完全性を実現している。

http://www.rsasecurity.co.jp/

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×