インターネット決済サーバを扱うEHPT社へRSA BSAFE Crypto-JとRSA BASAFECrypto-Cをライセンス(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2021.09.28(火)

インターネット決済サーバを扱うEHPT社へRSA BSAFE Crypto-JとRSA BASAFECrypto-Cをライセンス(米RSA Security)

 米RSA Security社は、オープン・インターネット決済サーバ「Jalda」などを扱うEHPT社へ、RSA BSAFE Crypto-JとRSA BASAFE Crypto-Cをライセンスしたことを発表した。これによりEMPT社は、Jaldaが行うユーザー識別時のセキュリティをより高めるために、データ署名ならび

製品・サービス・業界動向 業界動向
 米RSA Security社は、オープン・インターネット決済サーバ「Jalda」などを扱うEHPT社へ、RSA BSAFE Crypto-JとRSA BASAFE Crypto-Cをライセンスしたことを発表した。これによりEMPT社は、Jaldaが行うユーザー識別時のセキュリティをより高めるために、データ署名ならびにJalda決済サーバの有効性検証用に同暗号化アルゴリズム組み込みセキュリティを強化した。

http://www.rsasecurity.co.jp/news/data/200006271.html

<本記事はセキュリティ・ニュースからの転載です>

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×