ストリーム型暗号を可能にする32ビットActive X コントロール「暗号OCX」を発売(ウィル) | ScanNetSecurity
2021.07.25(日)

ストリーム型暗号を可能にする32ビットActive X コントロール「暗号OCX」を発売(ウィル)

 株式会社ウィルは、ストリーム型暗号を可能にする32ビットActive Xコントロール「暗号OCX」を開発し発売を開始した。同プログラムは、データの暗号と復号、およびデータの要約値の計算を行なうための32ビットActive Xコントロールで、バイト単位で暗号処理が可能なRC4

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社ウィルは、ストリーム型暗号を可能にする32ビットActive Xコントロール「暗号OCX」を開発し発売を開始した。同プログラムは、データの暗号と復号、およびデータの要約値の計算を行なうための32ビットActive Xコントロールで、バイト単位で暗号処理が可能なRC4と呼ばれる暗号方式を利用したもの。データが改竄(かいざん)されているかどうかを検出するためのダイジェスト(要約)データの出力も可能。価格はシングルPCライセンスで、24,000円〜。

http://www2.will-ltd.co.jp/product/ango/ango.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×