アップルのメール情報サービス TILの購読者に、チェーンメールの事故が発生(アップルコンピュータ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.17(水)

アップルのメール情報サービス TILの購読者に、チェーンメールの事故が発生(アップルコンピュータ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 6月24日午後、アップルコンピュータのメーリングリスト“Tech Info Library -Japan”(TIL)の購読者に大量に覚えのないメールが届くという事故が発生した。同社によると、今回の事故は、TILのメーリングリストを管理するために、過去に使用していた暫定的なアドレスを、ある個人が悪意なく使用し、「不正なアクセス」というタイトルで、送信メールが旧メーリングリストに配信された為に起こったものだと発表した。本来このアドレスは、行き先不明となったメールアドレスなどを削除するシステムに使用するためのもので、以前にこのシステムを開発・試験運用していた際にアップルが使用していたもの。現在、この旧システムは稼働してないが、不適切に運用がされていたために、今回この個人が送られたメールが、そのままそのシステムを通してTech Info Libraryの旧メーリングリストに配信され、さらにそのメールへの返信がチェーンメールとなる結果となった。

 アップルコンピュータは、今回の事故に関して、現在同社が運用しているシステムには全く影響はなく、また、この事故により、登録者の個人情報が流出したり、第三者により不正に使用された事実はないと発表している。

 企業の開設しているメーリングリストでは、悪意のない間違い投稿が発端となって、クレームのメールが大量に飛び交う事態がよくおきている。メーリングリストは、利用者との有効なコミュニケーション手段であるが、安易な導入や管理不行き届きな運用が、今回のような事故につながる危険を持っている。

http://www.apple.co.jp/support/til/20000626message.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×