デジタル署名関連法案の通過を歓迎も、セキュリティの意識について警告(エフ・セキュア) | ScanNetSecurity
2020.10.30(金)

デジタル署名関連法案の通過を歓迎も、セキュリティの意識について警告(エフ・セキュア)

 先日、米国で可決されたデジタル署名関連法案について、エフ・セキュア社の社長クリス・バーガス氏は、同法案を歓迎する意向をしめし、今後のEビジネス促進を促す物だと述べた。しかし、同氏はこの中で、デジタルIDが直筆署名と法的には同等であることは、電子取引の安

製品・サービス・業界動向 業界動向
 先日、米国で可決されたデジタル署名関連法案について、エフ・セキュア社の社長クリス・バーガス氏は、同法案を歓迎する意向をしめし、今後のEビジネス促進を促す物だと述べた。しかし、同氏はこの中で、デジタルIDが直筆署名と法的には同等であることは、電子取引の安全性と有効性が直面するセキュリティ上の脅威に対する十分な注意に代わるものではないと警告している。Eビジネスの安全性を保つには、さらなるセキュリティ施策が必要とし。今後も個人の意識向上が必要で、内容や添付物の確認作業などを推奨している。

http://www.f-secure.com/news/2000/news_2000062101.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×