RSA SecurID認証トークンのバックエンド認証サーバーの最新バージョン「RSA ACE/Server v.4.1」を発表(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2022.12.10(土)

RSA SecurID認証トークンのバックエンド認証サーバーの最新バージョン「RSA ACE/Server v.4.1」を発表(RSAセキュリティ)

 RSAセキュリティ株式会社は、RSA SecurID認証トークンのバックエンド認証サーバー「RSA ACE/Server」の最新バージョン、「RSA ACE/Server v.4.1」を発売した。同製品は、ユーザーのSecurID認証トークンを通じ、ネットワーク上のリソースやアプリケーションへアクセスす

製品・サービス・業界動向 業界動向
 RSAセキュリティ株式会社は、RSA SecurID認証トークンのバックエンド認証サーバー「RSA ACE/Server」の最新バージョン、「RSA ACE/Server v.4.1」を発売した。同製品は、ユーザーのSecurID認証トークンを通じ、ネットワーク上のリソースやアプリケーションへアクセスするユーザーの権限に準じたアクセス制御を行なう認証サーバー・ソフトウェア。4.1は、パフォーマンスの大幅な向上に加え、RADIUSプロトコルの暗号化機能の強化、新しいAPIの提供、サポートOSの追加が行われている。

http://www.rsasecurity.co.jp/news/data/200006141.html

<本記事はセキュリティ・ニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×