5月のコンピュータウイルスの発見届出は、VBS/LOVELETTERウイルスの影響で過去最高を記録と発表(情報処理振興事業協会) | ScanNetSecurity
2021.07.26(月)

5月のコンピュータウイルスの発見届出は、VBS/LOVELETTERウイルスの影響で過去最高を記録と発表(情報処理振興事業協会)

 情報処理振興事業協会(IPA)は、5月のコンピュータウイルスの発見届出状況について発表した。先月はVBS/LOVELETTERウイルスの影響もあり、発見届出件数は900件と月間届出件数では過去最高となった(これまでの最高は490件)。このうちVBS/LOVELETTERウイルスの届出が

製品・サービス・業界動向 業界動向
 情報処理振興事業協会(IPA)は、5月のコンピュータウイルスの発見届出状況について発表した。先月はVBS/LOVELETTERウイルスの影響もあり、発見届出件数は900件と月間届出件数では過去最高となった(これまでの最高は490件)。このうちVBS/LOVELETTERウイルスの届出が346件もあった。ただ、発見がGW中だったこともあり、実際に遭ったケースは9件で、感染パソコンの合計は19台にとどまっている。同協会はウイルス検知ソフトの利用を薦めるとともに、「怪しげな添付ファイル付きのメールは、知合いからのものこそ一層注意が必要」「不用意に添付ファイルを実行(ダブルクリック)しないこと」を対策として上げている。

http://www.ipa.go.jp/security/txt/2000_06outline.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×