米Diversinetとの製品共同開発とクロスライセンスを含む戦略的提携を発表(米RSA Security) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

米Diversinetとの製品共同開発とクロスライセンスを含む戦略的提携を発表(米RSA Security)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 米RSA Security社は、カナダのDiversinet社との製品共同開発とクロスライセンスを含む戦略的提携を発表した。Diversinet社はRSA BSAFE Crypto-Cのライセンスを受け、現在、同社のワイヤレス・メッセージング製品の中核部分に使われている楕円曲線暗号(ECC)をRSA BSAFEのECCへ置き換えたうえで、全Diversinetクライアントのデフォルトおよび推奨オプションとして提供を開始する予定。また両社は、コモン・ユーザー・レジストレーション・プロセス開発の第一段階を完了した。これによりユーザーは、有線のPCか無線機器かを問わずDiversinetの「Passport Certificate Server」を利用して、1回のレジストレーションで有線用と無線用の両方で使える鍵とデジタル証明書を発行可能となった。

http://www.rsasecurity.co.jp/news/data/200006051.html

<本記事はセキュリティ・ニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×