●ターボリナックス ジャパンの新サーバー専用OSにRSA BSAFE SSL-Cをライセンス(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.07.29(木)

●ターボリナックス ジャパンの新サーバー専用OSにRSA BSAFE SSL-Cをライセンス(RSAセキュリティ)

 RSAセキュリティ株式会社とターボリナックスジャパン株式会社は6月15日、安全性の高いリナックスサーバソリューションの開発、マーケティングにおいて協力していくことを発表した。  ターボリナックスジャパンでは、サーバー専用Linux OSの新製品である「TurboLinux

製品・サービス・業界動向 業界動向
 RSAセキュリティ株式会社とターボリナックスジャパン株式会社は6月15日、安全性の高いリナックスサーバソリューションの開発、マーケティングにおいて協力していくことを発表した。
 ターボリナックスジャパンでは、サーバー専用Linux OSの新製品である「TurboLinux Server日本語版 6.1 」の販売を6月16日から開始する。同製品の暗号化技術ではRSAセキュリティとの提携により、強度の高い128ビットのSSLを搭載。BSAFE SSL-Cで開発されたSSL機能搭載により、eコマースをはじめとするシステムの構築が容易となっている。

http://www.rsasecurity.co.jp/news/data/200006151.html

<本記事はセキュリティ・ニュースからの転載です>

 
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×