著作権保護機能を搭載したメモリカード「セキュアマルチメディアカード」を製品化(日立製作所) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.20(月)

著作権保護機能を搭載したメモリカード「セキュアマルチメディアカード」を製品化(日立製作所)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 日立製作所半導体グループは、音楽配信用などの著作権保護を必要とするデジタルコンテンツ用に、「セキュアマルチメディアカード」と呼ばれるフラッシュメモリカードを製品化した。
 この製品は、同社と三洋電機、富士通、が共同開発した汎用コンテンツ保護技術UDAC-MBを採用しており、カード自身に暗号化・復号化の機能を持たせると同時に、暗号化・復号化の際に使われるライセンスキー等をカード内の安全な領域に格納できるTRM領域を有している。さらに、コンテンツ保護関連命令セットを追加することで、音楽配信システムで必要なされるセキュリティ強度を達成した。
 今後、32MB品と64MB品の製品化予定しているほか、3社ではマルチメディアカード アソシエーションに対し、コンテンツ保護機能付きマルチメディアカードの標準化を提案している。

http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/0005/0515.html


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×