セキュリティ監査ツール「Enterprise Security Manager」のSolaris対応日本語版の販売を開始(日新電機) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.17(水)

セキュリティ監査ツール「Enterprise Security Manager」のSolaris対応日本語版の販売を開始(日新電機)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 日新電機株式会社は、セキュリティ監査ツール「Enterprise Security Manager」のSolaris対応の日本語版を開発し、販売を開始した。同ソフトは、セキュリティポリシーから導き出されたルールを元に、全組織にわたるコンピュータのルール運用状態を約1,200項目にわたりきめ細かく自動監査することができる監査ツール。重要データへのアクセス権限やパスワード管理などを徹底することで、データ漏洩や不正アクセスを防止する。また、セキュリティポリシーを立ててない企業でも、セキュリティレベルに従って5段階に分かれたテンプレートを用いて、セキュリティポリシーを構築することが可能。日本語版では、監査、ルール設定、レポート出力などが日本語に対応。またHP-UXやAIXなど、Solaris以外のUNIX OSの監査も可能。価格はマネージャが750,000円、エージェントが360,000円。

http://www.elnis.com/
http://www.elnis.com/newsrelease/news000515esm.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×