単純な静的パスワードはeビジネスの認証方法としてはセキュリティ面で不十分と警告(米RSA ラボラトリーズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.21(木)

単純な静的パスワードはeビジネスの認証方法としてはセキュリティ面で不十分と警告(米RSA ラボラトリーズ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 米RSA Security社のリサーチ・センターであるRSA ラボラトリーズは、単純なパスワードは、現在のeビジネスで用いられる認証方法としてはセキュリティ面で不十分と警告を発した。同ラボは、今回世界中に急激に広がった I LOVE YOUウイルス事件が、パスワードだけに依存している環境の危険性を露呈させたとしており、セキュリティが不十分な理由として、パスワードが静的であること、認証としては単純な一要素でしか判断しないことを挙げ、結果として簡単に盗まれたり、危険度が増加するとしている。その上で、より強力なセキュリティ策として、銀行のATMのような二要素認証機能をもつRSA SecurIDなどの導入を勧めている。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200005121.html

<本記事はセキュリティ・ニュースからの転載です>

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×