ラブレターウイルス、5/9付の問い合わせ・感染報告状況(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.05.28(日)

ラブレターウイルス、5/9付の問い合わせ・感染報告状況(トレンドマイクロ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 トレンドマイクロ株式会社は、Microsoft Outlookを利用して感染を広げるワーム「VBS_LOVELETTER」に関する、9日の問い合わせ・感染報告状況を発表した。

───────────────────────────────────
        5月9日の問い合わせ・感染報告状況
───────────────────────────────────
 トレンドマイクロへの「VBS_LOVELETTER」に関する問い合わせ・感染報告状況は、下記のとおり(5月9日 午後7時30分現在)。

●ユーザーからの感染報告総括:
 現在も問い合わせ件数は通常より多い状況が続いている。8日と同様、感染やメール受信の報告は軽微にとどまり、多くのユーザーは対応方法の確認などで問い合わせが相次いでいる。
 実際に感染したユーザーからは、数百の感染ファイルが発見された、などの報告もあった。「ウイルストラッキングセンター」へ報告されている感染数は、継続的に増加している状況である。
 
●無償ウイルスチェックツール「オンラインスキャン」によって検知された、世界中の感染ファイル数がリアルタイムで集計される「ウイルストラッキングセンター」各件数

−日本国内で確認された感染ファイル数       101,621ファイル
−日本国内で確認された感染コンピュータ台数    120コンピュータ
−ワールドワイドで確認された感染ファイル数    5,796,607ファイル
−ワールドワイドで確認された感染コンピュータ台数 8,596コンピュータ

●サポートセンターへの問い合わせ状況
−問い合わせ件数  2100件
−問い合わせ概要  企業ユーザからの問い合わせが多い傾向が続いている。感染報告が5件、メールを受信したが実行はしなかったという報告が5件となっている。

http://www.trendmicro.co.jp/virusinfo/loveletter5.htm


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「こうして感染する」ランサムウェア感染プロセスと対策~トレンドマイクロ岡野氏に聞く

    「こうして感染する」ランサムウェア感染プロセスと対策~トレンドマイクロ岡野氏に聞く

  2. Webフィルタリングのデジタルアーツが外部攻撃対策市場へ進出

    Webフィルタリングのデジタルアーツが外部攻撃対策市場へ進出

  3. 高まる自動車のサイバーセキュリティの重要性を受け、JASPARに加盟(FFRI)

    高まる自動車のサイバーセキュリティの重要性を受け、JASPARに加盟(FFRI)

  4. サイバーセキュリティ分野で協力、連携して研究を促進(NICT、シスコ)

  5. 重要インフラ向けに新手法、ルールに逸脱する通信をサイバー攻撃と検知(三菱電機)

  6. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  7. 社内のPCとサーバを把握し、収集したパッチ情報と緊急度を提示する製品(カスペルスキー)

  8. OKIがSOC事業に参入、7月より運用監視サービスを提供(OKI)

  9. 「Webアプリケーション脆弱性診断ガイドライン」を公開、手動診断を定義(JNSA、OWASP Japan)

  10. 標的型攻撃の被害範囲を特定する新機能を搭載、今後は内部不正検知にも対応(富士通)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×