世界1,200社以上のユーザが導入、Webフィルタリングソフト「WebSENSE」の販売開始(シー・エス・イー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.20(水)

世界1,200社以上のユーザが導入、Webフィルタリングソフト「WebSENSE」の販売開始(シー・エス・イー)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社シー・エス・イーは9日、不適切なWebコンテンツを含むURLへのアクセスを規制するWebフィルタリングソフト「WebSENSE」(開発元:米WEBSENSE)の販売を開始すると発表した。同製品は、アルプスシステムインテグレーション株式会社が日本語化したもので、データベースの更新も同社が行っている。規制URLは、2000年4月現在で、日本語14万を含む約100万URL(約2000万ページ)が登録されており、30のカテゴリから選択可能で、曜日や時間、規制する端末までが自由に選べることができる。また、各種設定がWebブラウザから操作できるので、アクセスログによるレポート作成機能でグラフや表で利用状況の分析が可能である。

http://www.cseltd.co.jp/security/webs/index.htm

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×