「ラブレターウイルス対策Web」ページ開設、新修復ツール無償提供開始(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.13(水)

「ラブレターウイルス対策Web」ページ開設、新修復ツール無償提供開始(トレンドマイクロ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 トレンドマイクロ株式会社は、世界各国で感染が報告されている「VBS_LOVELETTER」に関する各種最新情報・ソリューションを掲載した「ラブレターウイルス対策Web」ページを開設したと発表した。また、新たな修復ツール「ラブレター QUICK-FIX」を無償で提供開始した。この「ラブレター QUICK FIX」("SWAT.EXE")を使用すると、現状確認されている「VBS_LOVELETTER」と亜種によるシステム改変を自動的に修復できる。


http://www.trendmicro.co.jp/loveletter


 8日時点の問い合わせ・感染報告状況は下記の通り。(トレンドマイクロ調べ)

●無償ウイルスチェックツール「オンラインスキャン」によって検知された、世界中の感染ファイル数
「ウイルストラッキングセンター」各件数(5/8 午後7時)
 日本国内で確認された感染ファイル数       83,891ファイル
 日本国内で確認された感染コンピュータ台数    100コンピュータ
 ワールドワイドで確認された感染ファイル数    5,289,856ファイル
 ワールドワイドで確認された感染コンピュータ台数 7725コンピュータ

●サポートセンターへの問い合わせ状況
 問い合わせ件数 2700件(通常の約10倍)
 問い合わせ概要 企業ユーザからの問い合わせが多く、実際に感染したユーザーは、約20件と低い数字

 変種・亜種の最新状況

現在9種の亜種が確認されている。

1.亜種G、H
オリジナルとの相違点:
(1)亜種G、Hはウイルスコードのみの相違であり、活動はオリジナルと同様

2.亜種I ("Protect"版)
オリジナルとの相違点:
(1)件名:"Virus ALERT!!!"
(2)メール本文:ウイルス警告と予防のため添付ファイルを使用せよという旨の内容
(3)e-Mail添付ファイル名:"protect.vbs"

3.亜種J ("Virus Warning"版)
オリジナルとの相違点:
(1)件名:"Dangerous Virus Warning"
(2)メール本文:"There is a dangerous virus circulating.
Please click attached picture to view it and  learn to avoid it." (3)e-Mail添付ファイル名:"virus_warning.jpg.vbs"

注意:亜種に対して「手動削除手順」を行う場合、情報に応じてファイル名を読み替えて実行する必要がある。同社製品では全ての亜種が「VBS_LOVELETTER-O」のウイルス名で検出されるとのこと。

http://www.trendmicro.co.jp/loveletter/index.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. イスラエルのサイバー防衛たてつけ~視察団報告

    イスラエルのサイバー防衛たてつけ~視察団報告

  2. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  3. シミュレーションゲーム「データセンターアタック」(トレンドマイクロ)

    シミュレーションゲーム「データセンターアタック」(トレンドマイクロ)

  4. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  5. サイバーセキュリティ経営ガイドライン改訂、経営者が指示すべき10項目見直しや事後対策取組など(経済産業省)

  6. ダークウェブからAIで情報収集(DTRS、IISEC)

  7. EDRとSOCを連携させた標的型攻撃対策サービスを提供(TIS)

  8. 2020大会関係者向け疑似サイバー攻撃演習、システムを忠実に再現(NICT)

  9. 学校の自殺予防体制、情報セキュリティ技術活用

  10. IoT製品や組み込み機器などの脆弱性をハッカー視点で診断するラボを開設(PwCサイバーサービス)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×