「eSafe Gateway」がCRC総合研究所の「BXN」サービスに採用と発表(アラジン ジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.17(月)

「eSafe Gateway」がCRC総合研究所の「BXN」サービスに採用と発表(アラジン ジャパン)

 株式会社アラジン ジャパンは、同社が販売しているコンテンツ・セキュリティソフト「eSafe Gateway」が、CRC総合研究所の「BXN」サービスに採用されたと発表した。同サービスは、ネットワーク構築・診断、ネットワーク運用管理、アウトソーシングサービスおよび受託運

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社アラジン ジャパンは、同社が販売しているコンテンツ・セキュリティソフト「eSafe Gateway」が、CRC総合研究所の「BXN」サービスに採用されたと発表した。同サービスは、ネットワーク構築・診断、ネットワーク運用管理、アウトソーシングサービスおよび受託運用サービスからなる、総合的なIT環境を提供するもの。eSafe Gatewayは、この電子メール関連サービスを利用するユーザーに対して、ウイルスやバンダルをチェックし、ウイルスなどを発見した場合は削除の上、送信元と発信元にその旨を連絡する。

http://www.aladdin.co.jp/

 
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×