「eSafe Gateway」がCRC総合研究所の「BXN」サービスに採用と発表(アラジン ジャパン) | ScanNetSecurity
2023.02.05(日)

「eSafe Gateway」がCRC総合研究所の「BXN」サービスに採用と発表(アラジン ジャパン)

 株式会社アラジン ジャパンは、同社が販売しているコンテンツ・セキュリティソフト「eSafe Gateway」が、CRC総合研究所の「BXN」サービスに採用されたと発表した。同サービスは、ネットワーク構築・診断、ネットワーク運用管理、アウトソーシングサービスおよび受託運

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社アラジン ジャパンは、同社が販売しているコンテンツ・セキュリティソフト「eSafe Gateway」が、CRC総合研究所の「BXN」サービスに採用されたと発表した。同サービスは、ネットワーク構築・診断、ネットワーク運用管理、アウトソーシングサービスおよび受託運用サービスからなる、総合的なIT環境を提供するもの。eSafe Gatewayは、この電子メール関連サービスを利用するユーザーに対して、ウイルスやバンダルをチェックし、ウイルスなどを発見した場合は削除の上、送信元と発信元にその旨を連絡する。

http://www.aladdin.co.jp/

 
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×