「eSafe Gateway」がCRC総合研究所の「BXN」サービスに採用と発表(アラジン ジャパン) | ScanNetSecurity
2021.11.27(土)

「eSafe Gateway」がCRC総合研究所の「BXN」サービスに採用と発表(アラジン ジャパン)

 株式会社アラジン ジャパンは、同社が販売しているコンテンツ・セキュリティソフト「eSafe Gateway」が、CRC総合研究所の「BXN」サービスに採用されたと発表した。同サービスは、ネットワーク構築・診断、ネットワーク運用管理、アウトソーシングサービスおよび受託運

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社アラジン ジャパンは、同社が販売しているコンテンツ・セキュリティソフト「eSafe Gateway」が、CRC総合研究所の「BXN」サービスに採用されたと発表した。同サービスは、ネットワーク構築・診断、ネットワーク運用管理、アウトソーシングサービスおよび受託運用サービスからなる、総合的なIT環境を提供するもの。eSafe Gatewayは、この電子メール関連サービスを利用するユーザーに対して、ウイルスやバンダルをチェックし、ウイルスなどを発見した場合は削除の上、送信元と発信元にその旨を連絡する。

http://www.aladdin.co.jp/

 
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×