スイスの不動産グループMaag Holdings社がRSA KeonとSecurIDを採用(米RSA Security) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.18(木)

スイスの不動産グループMaag Holdings社がRSA KeonとSecurIDを採用(米RSA Security)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 米RSA Security社は4月10日、スイスの不動産グループ Maag Holdingsが、同社のナレッジ・マネージメント・システムにRSA Keonを採用。戦略的e-セキュリティのパートナーとしてRSA Securityを指名したと発表した。
 Maag Holdings社は、同社が保有する不動産ポートフォリオが増大したことから、イントラネットで不動産データとその関連情報を閲覧できるナレッジ・マネージメント・システムを構築。このシステムは、同社のビジネスの基盤にあたるため、セキュリティ対策が最重要課題となっており、今回のRSA KeonとSecurIDを採用となった。イントラネットで利用されるこのシステムは、PKIシステム製品のRSA Keonと二要素ユーザー認証のRSA SecurIDを用いて、セキュリティの強化と使いやすさを両立させている。

http://www.rsasecurity.com/

<本記事はセキュリティ・ニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×