スイスの不動産グループMaag Holdings社がRSA KeonとSecurIDを採用(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2023.02.05(日)

スイスの不動産グループMaag Holdings社がRSA KeonとSecurIDを採用(米RSA Security)

 米RSA Security社は4月10日、スイスの不動産グループ Maag Holdingsが、同社のナレッジ・マネージメント・システムにRSA Keonを採用。戦略的e-セキュリティのパートナーとしてRSA Securityを指名したと発表した。  Maag Holdings社は、同社が保有する不動産ポートフォ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 米RSA Security社は4月10日、スイスの不動産グループ Maag Holdingsが、同社のナレッジ・マネージメント・システムにRSA Keonを採用。戦略的e-セキュリティのパートナーとしてRSA Securityを指名したと発表した。
 Maag Holdings社は、同社が保有する不動産ポートフォリオが増大したことから、イントラネットで不動産データとその関連情報を閲覧できるナレッジ・マネージメント・システムを構築。このシステムは、同社のビジネスの基盤にあたるため、セキュリティ対策が最重要課題となっており、今回のRSA KeonとSecurIDを採用となった。イントラネットで利用されるこのシステムは、PKIシステム製品のRSA Keonと二要素ユーザー認証のRSA SecurIDを用いて、セキュリティの強化と使いやすさを両立させている。

http://www.rsasecurity.com/

<本記事はセキュリティ・ニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×