「goo」のフリーメールサービスの会員情報漏洩問題について発表(エヌ・ティ・ティ エムイー情報流通) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

「goo」のフリーメールサービスの会員情報漏洩問題について発表(エヌ・ティ・ティ エムイー情報流通)

 検索サイト「goo」上でフリーメールサービスを提供している株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー情報流通は、435会員のフリーメール設定情報が、69会員が発信したメール文中に混入したと正式に発表した。同社は事態が判明するとともに、速やかにシステム上の対応を行ない

製品・サービス・業界動向 業界動向
 検索サイト「goo」上でフリーメールサービスを提供している株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー情報流通は、435会員のフリーメール設定情報が、69会員が発信したメール文中に混入したと正式に発表した。同社は事態が判明するとともに、速やかにシステム上の対応を行ない、同サイト上での状況報告、対象となる会員への連絡と謝罪を行なったとしている。原因は、サービスメニュー拡張と合わせて行った会員登録データベース移行時のトラブル。同サービスは、主要なポータルサイトのフリーメールとしては最も早くスタートしたもので、2月27日には登録会員数100万人を超え、国内最大級のWebメールサービスになっている。

http://www.ntt-me.co.jp/news/nttx2000/nws000407.html


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×