「事業者−消費者間の電子商取引に関する運用ガイドライン」の改訂について発表(電子商取引実証推進協議会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.04.27(木)

「事業者−消費者間の電子商取引に関する運用ガイドライン」の改訂について発表(電子商取引実証推進協議会)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 電子商取引実証推進協議会(ECOM)は、一般消費者を対象にECを行なう事業者向けのガイドライン「事業者−消費者間の電子商取引に関する運用ガイドライン(ECOM消費者取引ガイドライン)」の改訂を行ない、報告書にまとめた。
5月中に一般公開する予定。同ガイドラインは、消費者を相手に電子商取引を行なう事業者にとっての指針となるもので、契約締結時における情報開示や入力項目の確認プロセスなど、事業者側の取り組みについてまとめたもの。今回の改訂にあたっては、昨年12月に経済協力開発機構(OECD)が作成した「消費者保護ガイドライン」の主旨内容を取り込み、主な変更点として、日本のEC事業者が海外に居住する消費者向に事業を行なう場合の注意事項などが追加されている。

http://www.ecom.or.jp/seika/press/h11seika/consumerwg-1.htm

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「Webアプリケーション脆弱性診断ガイドライン」を公開、手動診断を定義(JNSA、OWASP Japan)

    「Webアプリケーション脆弱性診断ガイドライン」を公開、手動診断を定義(JNSA、OWASP Japan)

  2. APFSが採用されセキュリティが強固に、iOS 10.3をリリース(Apple)

    APFSが採用されセキュリティが強固に、iOS 10.3をリリース(Apple)

  3. SINET利用の国立大学などに向けたサイバー攻撃監視・検知システムを構築(ネットワンシステムズ)

    SINET利用の国立大学などに向けたサイバー攻撃監視・検知システムを構築(ネットワンシステムズ)

  4. IoT事業を推進する25社・団体が集結、セキュリティ標準を策定へ(セキュアIoTプラットフォーム事務局)

  5. 「産業サイバーセキュリティセンター」発足、人材・システムなど生み出す(IPA)

  6. デコイ(囮)を用意して標的型攻撃を検出するソリューションを発売(TED)

  7. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  8. 協業により、暗号化された脅威を可視化し対策を可能に(ラック、F5)

  9. 標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃を発見するプラットフォームを発表(カスペルスキー)

  10. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×