公開アタック実験の結果を発表(グローバルセキュリティーエキスパート) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

公開アタック実験の結果を発表(グローバルセキュリティーエキスパート)

 グローバルセキュリティーエキスパート(旧社名ギャブコンサルティング)は、2月21日〜3月20日に、サイバーセキュリティ・コンソーシアムと協力して行った、電子商取引の安全性を検証するための公開アタック実験の結果を発表した。総アタック件数は1,011,958件。結果的

製品・サービス・業界動向 業界動向
 グローバルセキュリティーエキスパート(旧社名ギャブコンサルティング)は、2月21日〜3月20日に、サイバーセキュリティ・コンソーシアムと協力して行った、電子商取引の安全性を検証するための公開アタック実験の結果を発表した。総アタック件数は1,011,958件。結果的にはターゲットファイルの奪取成功者は現れなかったが、前回実施の攻撃総数と比較して実に10倍強の攻撃数を記録した。また実験中は、先日官庁を襲ったWWWサーバ等のプログラムに誤作動を促すバッファーオーバーフローも多数検知(55,960件)しており、こうした不正・侵入プログラムが広範に流布していることを物語っている。

http://www.gab.co.jp/attack2/result.html


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×