Windows 2000対応の「RSA ACE/Agent」を発表(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

Windows 2000対応の「RSA ACE/Agent」を発表(RSAセキュリティ)

 RSAセキュリティ株式会社は、RSA SecurID二要素ユーザー認証をWindows 2000によるリモートアクセスやWebアクセス、ローカルアクセスに対応させるエージェント・ソフト「RSA ACE/Agent for Windows 2000」を発表した。これによりWindows 2000のネイティブなセキュリティ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 RSAセキュリティ株式会社は、RSA SecurID二要素ユーザー認証をWindows 2000によるリモートアクセスやWebアクセス、ローカルアクセスに対応させるエージェント・ソフト「RSA ACE/Agent for Windows 2000」を発表した。これによりWindows 2000のネイティブなセキュリティを、RSA SecurIDでさらに高めることが可能となった。新バージョンでは、PPPに加えWindows 2000で新たにサポートした拡張プロトコル「EAP(ExtensibleAuthentication Protocol)」をサポート、これにより様々なダイアルアップやVPNシステムに対して、ターンキー・プロテクションを提供する。また、Windows 2000の標準的な管理インターフェースである「MMC(Microsoft Management Console)」との統合も実現している。同ソフトは、同社Webサイトから無償でダウンロード可能。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200004031.html

<本記事はセキュリティ・ニュースからの転載です>


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×