目に見えないバイオコードマーカーを漉き込んだ新タイプの偽造防止用紙を開発(凸版印刷) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.23(月)

目に見えないバイオコードマーカーを漉き込んだ新タイプの偽造防止用紙を開発(凸版印刷)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 凸版印刷株式会社は、エア・ブラウン株式会社および英バイオコード社と共同で、バイオコードマーカー(抗原に相当する有機物)を漉き込んだ偽造防止用紙「バイオコード用紙」を開発し、販売を開始した。同紙は、外見上は通常の用紙とかわりないが、専用のセンサー液で簡単に真偽判定ができるもの。その判別も高価な装置は必要とせず、未経験者でも検査キットを利用して簡単に分析できるのが特徴。株券、債券、商品券、各種チケット用紙から、住民票、戸籍抄本、印鑑証明書、パスポートまでの幅広い用途を想定。コストはセンサーの種類や数にもよるが、商品券(OCR用紙の場合)1枚あたり数円のアップですむ。

http://www.toppan.co.jp/aboutus/release/article340.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×