共同で次世代暗号アルゴリズム「Camellia」を開発(NTT、三菱電機) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.04.28(金)

共同で次世代暗号アルゴリズム「Camellia」を開発(NTT、三菱電機)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 日本電信電話株式会社(NTT)と三菱電機株式会社は、次世代の共通鍵暗号アルゴリズム「Camellia」(開発コード名:カメリア)を共同開発した。この新しい暗号アルゴリズムは、NTTの高速ソフトウェア実装に適した暗号設計技術と、三菱電機が世界に誇る小型/高速ハードウェア処理に適した暗号設計技術を結集して開発したもの。米国で現在制定中の政府標準暗号AESと同様に、128ビットのブロック長を採用しており、鍵長も128、192、256ビットの3種類をサポート。また実用性の面では、32ビットプロセッサ上でのソフトウェア実装とともに、専用ハードウェアを使った暗号機器への組込み、ICカードに組み込まれた8ビットプロセッサへの対応など、極めて柔軟な実装が行なえるように設計されているのが特徴。128ビット長暗号のハードとしては世界最小クラスを実現している。今後両社は、国際標準化機関(ISO)へ標準方式として採用するよう提案していく。

http://www.ntt.co.jp/news/news00/0003/000310.html


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「Webアプリケーション脆弱性診断ガイドライン」を公開、手動診断を定義(JNSA、OWASP Japan)

    「Webアプリケーション脆弱性診断ガイドライン」を公開、手動診断を定義(JNSA、OWASP Japan)

  2. SINET利用の国立大学などに向けたサイバー攻撃監視・検知システムを構築(ネットワンシステムズ)

    SINET利用の国立大学などに向けたサイバー攻撃監視・検知システムを構築(ネットワンシステムズ)

  3. IoT事業を推進する25社・団体が集結、セキュリティ標準を策定へ(セキュアIoTプラットフォーム事務局)

    IoT事業を推進する25社・団体が集結、セキュリティ標準を策定へ(セキュアIoTプラットフォーム事務局)

  4. 「産業サイバーセキュリティセンター」発足、人材・システムなど生み出す(IPA)

  5. デコイ(囮)を用意して標的型攻撃を検出するソリューションを発売(TED)

  6. 協業により、暗号化された脅威を可視化し対策を可能に(ラック、F5)

  7. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  8. 標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃を発見するプラットフォームを発表(カスペルスキー)

  9. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  10. 「第8回冬季アジア大会」のネットワーク監視や、訓練、演習を実施(トレンドマイクロ)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×