2月のコンピュータウイルス被害届出状況を発表(情報処理振興事業協会) | ScanNetSecurity
2023.01.29(日)

2月のコンピュータウイルス被害届出状況を発表(情報処理振興事業協会)

 情報処理振興事業協会(IPA)は、2000年2月のコンピュータウイルス被害の 届出状況をまとめた。届出件数は414件で先月よりやや減少したが、 「W97M/Myna」「W97M/Thus」「W97M/Taro」「X97M/Divi」の4種類の新種が報 告された。感染経路は、あいかわらずメールによるケ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 情報処理振興事業協会(IPA)は、2000年2月のコンピュータウイルス被害の
届出状況をまとめた。届出件数は414件で先月よりやや減少したが、
「W97M/Myna」「W97M/Thus」「W97M/Taro」「X97M/Divi」の4種類の新種が報
告された。感染経路は、あいかわらずメールによるケースが最も多く、海外か
らのメールにより感染したケースを含めると、不明を除いた届出件数の約88%
を占めている。届出の多かったウイルスは、一番がW32/Ska(Happy99)で93件
(先月96件)、次いでXM/Larouxで68件(先月115件)の順。

http://www.ipa.go.jp/SECURITY/index-j.html


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×