ICカード利用による個人認証システムを今秋から共同展開(オムロン、凸版印刷) | ScanNetSecurity
2021.12.01(水)

ICカード利用による個人認証システムを今秋から共同展開(オムロン、凸版印刷)

 オムロン株式会社と凸版印刷株式会社は共同で、ICカードを利用した個人認 証システムのビジネス展開を行うと発表した。システムは、オムロン社開発の バイオメトリクス技術を利用の個人認証端末「Fabio」と、凸版印刷開発のIC カード「SMARTICS」で構成され、人が目視

製品・サービス・業界動向 業界動向
 オムロン株式会社と凸版印刷株式会社は共同で、ICカードを利用した個人認
証システムのビジネス展開を行うと発表した。システムは、オムロン社開発の
バイオメトリクス技術を利用の個人認証端末「Fabio」と、凸版印刷開発のIC
カード「SMARTICS」で構成され、人が目視で確認するのではなく、指紋、声
紋、手書きサインのバイオデータをシステムで自動的に確認する。また認証用
データをICカードに格納することで、事前にデータ登録されていない端末でも
本人認証ができ、端末やサーバー上から個人バイオデータの漏洩を防止するこ
とができる。価格は、スタンドアロン型で30〜40万円、機器組み込み型で20〜
30万円。販売予定は2000年秋より。

http://www.toppan.co.jp/


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×