サイト攻撃を受け、ISPのセキュリティ不備が露呈される | ScanNetSecurity
2019.11.19(火)

サイト攻撃を受け、ISPのセキュリティ不備が露呈される

2月13日、データ保護会社であるセキュリティベンダーのウェブサイトの一つが攻撃を受け、同社は困惑を隠しきれないでいる。同社のサイトにアクセスすると、そのサイトがハッキングされ、セキュリティ対策を嘲笑するメッセージが記載されたページに繋がった。

製品・サービス・業界動向 業界動向
2月13日、データ保護会社であるセキュリティベンダーのウェブサイトの一つが攻撃を受け、同社は困惑を隠しきれないでいる。同社のサイトにアクセスすると、そのサイトがハッキングされ、セキュリティ対策を嘲笑するメッセージが記載されたページに繋がった。

 同社のマーケティング担当上級副社長は、「当社のコンピュータは被害を免れた。攻撃者は当サイトに接続しているインターネット・サービス・プロバイダ(ISP)を狙った」と説明した。また、「信頼性の高いサービスを保証するため数社のISPを使用しており、どのISPが攻撃を受けたのかまだ特定できないが、現在各プロバイダのセキュリティ施策を調査している」と付け加えた。
 コンピュータ・セキュリティ会社の@Stake社の研究員Weld Pond氏による
と、そのセキュリティベンダーは、ウェブページへのアクセス要求を正しい場所へ送信するドメイン・ネーム・サービス(DNS)を狙った攻撃の被害者だとし「ウェブページにアクセスを要求した時、違うアドレスを指すような、攻撃者がドメインのDNSの整合性を破る方法がいくつかある」と説明した。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×