楕円曲線暗号のパラメータ生成ソフトウェアを開発(富士通研究所) | ScanNetSecurity
2019.11.19(火)

楕円曲線暗号のパラメータ生成ソフトウェアを開発(富士通研究所)

株式会社富士通研究所は、富士通株式会社と共同で、最も安全な楕円曲線暗号を実現する楕円曲線のパラメータを高速に生成するソフトウェア 「FSEcParamGen」の開発に成功した。同暗号は、現在普及しているRSA暗号にかわる次世代暗号として注目されているもので、RSA暗号と

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社富士通研究所は、富士通株式会社と共同で、最も安全な楕円曲線暗号を実現する楕円曲線のパラメータを高速に生成するソフトウェア
「FSEcParamGen」の開発に成功した。同暗号は、現在普及しているRSA暗号にかわる次世代暗号として注目されているもので、RSA暗号と同等の安全性のもとで、暗号鍵のビット長を短くすることができるため、処理能力の低いプロセッサでの実装や、高速な暗号化・復号化が実現できるなどの利点がある。同ソフトは、これに利用するパラメータを作成するもので、ANSI X9.62 に準拠している。なお、開発の過程で得られた純粋数学上の有用なデータであるモジュラー多項式データは、3月1日より一般公開される。

http://www.fujitsu.co.jp/hypertext/flab/News/2000/Feb/7-2.html


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×