楕円曲線暗号のパラメータ生成ソフトウェアを開発(富士通研究所) | ScanNetSecurity
2022.06.27(月)

楕円曲線暗号のパラメータ生成ソフトウェアを開発(富士通研究所)

株式会社富士通研究所は、富士通株式会社と共同で、最も安全な楕円曲線暗号を実現する楕円曲線のパラメータを高速に生成するソフトウェア 「FSEcParamGen」の開発に成功した。同暗号は、現在普及しているRSA暗号にかわる次世代暗号として注目されているもので、RSA暗号と

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社富士通研究所は、富士通株式会社と共同で、最も安全な楕円曲線暗号を実現する楕円曲線のパラメータを高速に生成するソフトウェア
「FSEcParamGen」の開発に成功した。同暗号は、現在普及しているRSA暗号にかわる次世代暗号として注目されているもので、RSA暗号と同等の安全性のもとで、暗号鍵のビット長を短くすることができるため、処理能力の低いプロセッサでの実装や、高速な暗号化・復号化が実現できるなどの利点がある。同ソフトは、これに利用するパラメータを作成するもので、ANSI X9.62 に準拠している。なお、開発の過程で得られた純粋数学上の有用なデータであるモジュラー多項式データは、3月1日より一般公開される。

http://www.fujitsu.co.jp/hypertext/flab/News/2000/Feb/7-2.html


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×