EC商店のシステムの安全性を示すセキュリティ・マークの実験が5月より開始 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.25(金)

EC商店のシステムの安全性を示すセキュリティ・マークの実験が5月より開始

製品・サービス・業界動向 業界動向

 EC商店などのシステムの安全性を示す「セキュリティマーク」の実験が5月をめどに開始される。
 このマークは、EC商店に対して所定の審査を行い、審査に合格した商店に交付される。審査は、主としてシステム上のセキュリティを対象として、侵入検査を行い、その安全性を確認する。

 このマークは、通産省のマーク委員会で管理され、この委員会の認可を受けた団体がマークの交付業務を行う。
 なお、委員会は、通産省、通販協会、商工会議所、学識経験者などで構成される予定である。

 これにより、通産省は、オンライン取引上必要と考えられる3つのマークを用意したことになる。

 ・セキュリティマーク
  管     理:マーク委員会
  マーク交付業務:未発表
 ・プライバシーマーク
  マーク交付業務:JIPDEC
 ・オンライントラストマーク
  管     理:マーク委員会
  マーク交付業務:日本商工会議所、日本通信販売協会

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×