エフ・セキュアのWAP規格デバイス用のアンチ・ウイルス・ソフトウェアをHPのモバイルE-Servicesバザーが採用(エフ・セキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.20(金)

エフ・セキュアのWAP規格デバイス用のアンチ・ウイルス・ソフトウェアをHPのモバイルE-Servicesバザーが採用(エフ・セキュア)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 エフ・セキュア社とヒューレット・パッカート社(以下、HP)は15日、エフ・セキュア社がHPのモバイルE-Servicesバザーに参画したことを受け、E-Servicesとして新たなソリューションを提供することを発表した。
エフ・セキュアのWAPゲートウェイ・ソフトウェア用アンチ・ウイルスは、HPのWAPゲートウェイで稼働し、集中管理アンチ・ウイルス・スキャナーとしては初めてWAPフォンに対応する。事業者と企業顧客を対象とした同ソリューションは、ネットワーク・レベルでウェブ上のコンテンツをスキャンすることを可能にし、これによりユーザーがモバイル・デバイスへダウンロードする情報にウイルスが存在しないことを確保する。WAPゲートウェイ用のエフ・セキュア・アンチ・ウイルスは今春にはWindowsNT (R)プラットフォーム用が発表され、その後リナックスおよびHP-UX(1)プラットフォーム用にも発表される予定。

http://www.F-secure.com/news/2000/20000215a.html


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×