エフ・セキュアのWAP規格デバイス用のアンチ・ウイルス・ソフトウェアをHPのモバイルE-Servicesバザーが採用(エフ・セキュア) | ScanNetSecurity
2022.06.28(火)

エフ・セキュアのWAP規格デバイス用のアンチ・ウイルス・ソフトウェアをHPのモバイルE-Servicesバザーが採用(エフ・セキュア)

 エフ・セキュア社とヒューレット・パッカート社(以下、HP)は15日、エフ・セキュア社がHPのモバイルE-Servicesバザーに参画したことを受け、E-Servicesとして新たなソリューションを提供することを発表した。 エフ・セキュアのWAPゲートウェイ・ソフトウェア用アンチ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 エフ・セキュア社とヒューレット・パッカート社(以下、HP)は15日、エフ・セキュア社がHPのモバイルE-Servicesバザーに参画したことを受け、E-Servicesとして新たなソリューションを提供することを発表した。
エフ・セキュアのWAPゲートウェイ・ソフトウェア用アンチ・ウイルスは、HPのWAPゲートウェイで稼働し、集中管理アンチ・ウイルス・スキャナーとしては初めてWAPフォンに対応する。事業者と企業顧客を対象とした同ソリューションは、ネットワーク・レベルでウェブ上のコンテンツをスキャンすることを可能にし、これによりユーザーがモバイル・デバイスへダウンロードする情報にウイルスが存在しないことを確保する。WAPゲートウェイ用のエフ・セキュア・アンチ・ウイルスは今春にはWindowsNT (R)プラットフォーム用が発表され、その後リナックスおよびHP-UX(1)プラットフォーム用にも発表される予定。

http://www.F-secure.com/news/2000/20000215a.html


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×