手書署名個人認証Cyber-SIGNを中核としたセキュリティ事業会社「日本サイバーサイン株式会社」を設立(日本サイバーサイン) | ScanNetSecurity
2022.01.28(金)

手書署名個人認証Cyber-SIGNを中核としたセキュリティ事業会社「日本サイバーサイン株式会社」を設立(日本サイバーサイン)

 日本サイバーサイン株式会社(資本金:2億円、代表取締役社長:長井俊 朗)は、富士通、松下通信工業、デジタルクラブ、日興キャピタル、キャディックス各社の共同出資によって設立され、1月24日より営業を開始した。手書署名個人認証Cyber-SIGNは個人特有の筆記運動(

製品・サービス・業界動向 業界動向
 日本サイバーサイン株式会社(資本金:2億円、代表取締役社長:長井俊
朗)は、富士通、松下通信工業、デジタルクラブ、日興キャピタル、キャディックス各社の共同出資によって設立され、1月24日より営業を開始した。手書署名個人認証Cyber-SIGNは個人特有の筆記運動(署名形状、筆順、スピード、筆圧等)を時間関数である四次元データとして用いた最先端の動的署名照合技術である。このCyber-SIGNは、言語を問わない世界共通性、汎用性、ローコストという点で、大きく注目されている認証技術である。

 同社は、Cyber-SIGNを核に、幅広い認証製品の開発、販売、サービス及びコンサルティングなどに重点を置いた事業を展開し、将来的にはバイオメトリクス認証システム全般を扱い、認証サービスプロバイダーやセキュリティ・インフラ構築サービスまでのセキュリティ全域にわたる業務を視野に入れている。

http://www.cybersign.com
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×