手書署名個人認証Cyber-SIGNを中核としたセキュリティ事業会社「日本サイバーサイン株式会社」を設立(日本サイバーサイン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.03.27(月)

手書署名個人認証Cyber-SIGNを中核としたセキュリティ事業会社「日本サイバーサイン株式会社」を設立(日本サイバーサイン)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 日本サイバーサイン株式会社(資本金:2億円、代表取締役社長:長井俊
朗)は、富士通、松下通信工業、デジタルクラブ、日興キャピタル、キャディックス各社の共同出資によって設立され、1月24日より営業を開始した。手書署名個人認証Cyber-SIGNは個人特有の筆記運動(署名形状、筆順、スピード、筆圧等)を時間関数である四次元データとして用いた最先端の動的署名照合技術である。このCyber-SIGNは、言語を問わない世界共通性、汎用性、ローコストという点で、大きく注目されている認証技術である。

 同社は、Cyber-SIGNを核に、幅広い認証製品の開発、販売、サービス及びコンサルティングなどに重点を置いた事業を展開し、将来的にはバイオメトリクス認証システム全般を扱い、認証サービスプロバイダーやセキュリティ・インフラ構築サービスまでのセキュリティ全域にわたる業務を視野に入れている。

http://www.cybersign.com
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. IoT セキュリティ 6 つの課題、ルーマニアの技術が生んだ新市場

    IoT セキュリティ 6 つの課題、ルーマニアの技術が生んだ新市場

  2. 兵庫県警の捜査官をSOCに受け入れ、サイバー関連の知識・技術向上を目指す(IIJ)

    兵庫県警の捜査官をSOCに受け入れ、サイバー関連の知識・技術向上を目指す(IIJ)

  3. フリーWi-Fi利用時に独自のVPNを使用し通信を保護するスマホアプリを発売(トレンドマイクロ)

    フリーWi-Fi利用時に独自のVPNを使用し通信を保護するスマホアプリを発売(トレンドマイクロ)

  4. ゲーム形式の対サイバー演習のオンライン版を提供開始(カスペルスキー)

  5. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  6. 加盟店はカード情報の非保持化あるいはPCI DSS準拠--実行計画まとまる(クレジット取引セキュリティ対策協議会)

  7. 5,000ユーザの「Microsoft Office 365」環境に「CAS」を導入(トレンドマイクロ)

  8. AWS利用の際のセキュリティリファレンスを共同で作成、政府機関向けに無償提供(NTTデータ、PwCあらた、富士ソフト)

  9. 未知のマルウェアを検出した際に、速やかにインシデント解析するサービス(MOTEX、ラック)

  10. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×