RSA Keon Certificate ServerのOCSP相互運用テストを完了(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2022.06.27(月)

RSA Keon Certificate ServerのOCSP相互運用テストを完了(米RSA Security)

 米RSA Securityは、ValiCert社のValidation Authority(検証局)製品ならびにサービスと、RSA Keon (TM)Certificate Server におけるOCSP(Online Certificate Status Protocol)相互運用テストを完了したことを発表した。 今回の発表により、RSA Keon Certificate

製品・サービス・業界動向 業界動向
 米RSA Securityは、ValiCert社のValidation Authority(検証局)製品ならびにサービスと、RSA Keon (TM)Certificate Server におけるOCSP(Online Certificate Status Protocol)相互運用テストを完了したことを発表した。
今回の発表により、RSA Keon Certificate Serverを利用すれば、企業内認証局や他の認証局が発行したディジタル証明書であっても、従来どおりのCRL
(certificate revocation list)に加えてOCSPを利用した証明書の有効性チェックができる。RSA Keonユーザーは最先端のCAやPKIベンダーを網羅する
ValiCertのネットワークを通じ、様々なPKI関連による証明書廃棄のリソースをインターネットから入手して加工することが可能となる。

<<本記事はセキュリティ・ニュースより転載です>>

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×