2016.06.29(水)

SDNと連携してポリシーに沿った対応を自動化する新製品(トレンドマイクロ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

トレンドマイクロ株式会社は3月17日、SDN連携セキュリティ対策製品「Trend Micro Policy Manager(TMPM)」を3月25日より国内で発売開始すると発表した。参考標準価格は2,400,000円(税別)。また連携ソリューションの第一弾として、日本電気株式会社(NEC)より提供を予定している。その他の販売パートナーについては順次拡大予定。さらに今後は、国内だけでなく海外においても販売していく予定だという。

TMPMは、ITインフラ上の複数の監視ポイントでトレンドマイクロのセキュリティ製品が検知したイベントをトリガとし、SDNとの連携により企業の運用ポリシーに紐づいた動的なネットワーク制御を自動的に行う。具体的には、トレンドマイクロの「Deep Discovery Inspector」「Trend Micro Deep Security」「ウイルスバスター コーポレートエディション」をセキュリティセンサーとして使用し、そこで検知したインシデント情報にもとづきTMPMが企業の運用ポリシーに沿ってSDNコントローラやスイッチを介してネットワークを動的に制御する。

これにより、不正なPCやサーバなどの監視や隔離、C&Cサーバへのコールバック通信の遮断といった自動化が可能になる。その結果、標的型サイバー攻撃などの高リスクなセキュリティインシデントに対して迅速な初動対応および、個々の管理者のスキルに依存しない運用が実現できるとしている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. ソフトウェアテストの秀才集団、セキュリティ診断事業の「ヒト」の課題解決に取り組む(SHIFT SECURITY)

    ソフトウェアテストの秀才集団、セキュリティ診断事業の「ヒト」の課題解決に取り組む(SHIFT SECURITY)

  2. 宅急便やクロネコ等を騙る迷惑メールが多発、ヤマト運輸が注意を呼びかけ(ヤマト運輸)

    宅急便やクロネコ等を騙る迷惑メールが多発、ヤマト運輸が注意を呼びかけ(ヤマト運輸)

  3. 「TECHORUS SECURITY」ブランドでマネージドセキュリティ市場に本格参入(NHN テコラス)

    「TECHORUS SECURITY」ブランドでマネージドセキュリティ市場に本格参入(NHN テコラス)

  4. 新たに創設される支援士試験は、現行のSC試験と置き換わる位置づけに(IPA)

  5. ファイル検査も可能なインターネット分離クラウドサービスを提供開始(セコムトラストシステムズ)

  6. クラウド型Webフィルタリングサービスの新版、運用負荷軽減など機能強化(ALSI)

  7. パスコードロックを全ユーザーに適用(Evernote)

  8. IoTのセキュリティは認証や通信、データの暗号化が特に重要な生命線に

  9. スマートフォンセキュリティ 脅威の増加と利用時の留意事項 他(ダイジェストニュース)

  10. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×