2016.06.01(水)

Webサイトやアプリの脆弱性を検知するクラウドベースのサービス(バラクーダネットワークスジャパン)

経済社会 新製品・新サービス

バラクーダネットワークスジャパン株式会社は3月15日、Webサイトやアプリケーションの脆弱性を検知するクラウドベースサービス「Barracuda Vulnerability Manager」を発表した。同社の既存ユーザ向けに、期限付きで無償での提供を開始した。同製品は、SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングなど、OWASPトップ10の脆弱性を検知することが可能なサービス。

シンプルなポイント&クリック機能によりWebアプリケーションの脆弱性を容易に発見できるツールだという。また、オンプレミス、仮想環境、およびパブリック/プライベートクラウドでホスティングされているWebサイトやアプリケーションをスキャンすることができ、「Barracuda Web Application Firewall」とのシームレスな連携も可能。これにより、特定された脆弱性に対して自動的に軽減ポリシーを作成・適用して対策を講じることができる。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

経済社会 アクセスランキング

  1. 次期「ウイルスバスター クラウド」ベータ版を公開、フィードバック募集(トレンドマイクロ)

    次期「ウイルスバスター クラウド」ベータ版を公開、フィードバック募集(トレンドマイクロ)

  2. 短期間でセキュリティを強化する中堅・中小向け「マイナンバー安心セット」(NEC)

    短期間でセキュリティを強化する中堅・中小向け「マイナンバー安心セット」(NEC)

  3. 横浜市港湾病院の元医師が患者約1万3千人分の個人情報を持ち出し

    横浜市港湾病院の元医師が患者約1万3千人分の個人情報を持ち出し

  4. キヤノン電子「SML」とFortinet製品の連携で、標的型攻撃とマイナンバー対策(図研ネットウエイブ)

  5. 情報漏洩防止ソフト「時限くん ver2.0」を発売開始、大規模環境向けのEnterprise版を新たに追加(エヌ・エス・イー、アイ・エックス・アイ)

  6. 「Dragon 7 Network Sensor」を利用したIDSセキュリティ監視サービスを提供開始(ラック)

  7. 若手人材の育成支援を目的に、学生のCODE BLUE無料招待など実施(カスペルスキー、CODE BLUE事務局)

  8. Mac用の指紋認証付きUSBメモリと対応ログインソフトを販売開始(アクト・ツー)

  9. みずほ銀行、全店の追加調査で約47,000名の個人情報紛失が判明

  10. IPS製品の仮想アプライアンスを提供開始(マカフィー)

アクセスランキングをもっと見る

PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内
PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内

PREMIUM 会員登録するとすべての会員限定記事が閲覧いただけます。

×