2016.09.01(木)

基地局に設置した監視カメラから津波の被災状況を監視(NTTドコモ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 NTTドコモは、地震科学探査機構(JESEA)が研究する地殻変動から地震の場所と時期を予測する「地震予測システム」の実証実験への協力と、基地局に設置した監視カメラから津波の被災状況を監視する「津波監視システム」の運用を4日から開始する。

 「地震予測システム」の実証実験への協力では、衛星測位機器を用いて地殻の変化をとらえる装置を全国16か所の携帯電話基地局に設置。収集した地殻変動のデータをモバイル通信でリアルタイムにJESEAに提供する。

 JESEAは提供されたデータを解析することで、「地震予測システム」の精度の向上に取り組み、リアルタイムデータによる地震予測サービスの提供を目指す。ドコモが提供するデータは平均化単位時間を自由に変更可能なため、これまで発見できなかった異常地殻変動の把握や、地震の予測精度の向上が期待されるという。

 一方、「津波監視システム」は、津波発生時の沖合の様子を監視するカメラを全国16か所の携帯電話基地局に設置。遠隔でカメラを操作して、津波発生時に沖合の海面の様子や基地局の通信設備の被災状況を確認するというもの。設置するカメラは太陽光パネルを用いた独自電源及びマイクロ装置を備えており、災害発生時も監視を継続して行うことが可能だ。

 同システムは、富士通の映像監視ソリューションをベースにしており、36倍ズームに対応したPTZカメラを採用。リアルタイムの監視はもちろん、過去一週間分の映像を常時録画することもできるという。

 これらの取り組みにより、大地震発生前に移動基地局車や電源設備等の準備を行うことができたり、津波発生時の基地局周辺の被災状況を正確に把握できるなど、早期の復旧作業に繋げることを目的としている。

監視カメラで津波監視!NTTドコモの基地局を利用した地震対策

《防犯システム取材班/小菅篤@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. OWASP ZAPを使用した脆弱性診断の手法を説明するセミナーをメニュー化(HASHコンサルティング)

    OWASP ZAPを使用した脆弱性診断の手法を説明するセミナーをメニュー化(HASHコンサルティング)

  2. 「過去のエンドポイント保護は不要」、機械学習のマルウェア対策Cylance日本法人(Cylance)

    「過去のエンドポイント保護は不要」、機械学習のマルウェア対策Cylance日本法人(Cylance)

  3. 「ポケモンGO」のBAN基準を解説、サーバーからデータを不正取得するマップツールは引き続きBAN対象に(ナイアンティック)

    「ポケモンGO」のBAN基準を解説、サーバーからデータを不正取得するマップツールは引き続きBAN対象に(ナイアンティック)

  4. イントラネット監視と従業員監視が協業、ハッカーも内部不正も検知(セキュリティフライデー、インターコム)

  5. 非認可の不正APや不正デバイスを検知し遮断、Wi-Fiセキュリティセンサーを販売開始(レンジャーシステムズ)

  6. SIEMを評価導入し、脅威動向を可視化する「スポットログ評価サービス」(NTTデータ先端技術)

  7. Linkedinでの情報流出を受け、一部ユーザーにパスワード変更を呼びかけ(Dropbox)

  8. 「ポケモンGO」アップデート、不正行為への対策も強化(ナイアンティック)

  9. BCPへの対応力を強化した「三鷹第二データセンター(仮称)」の建設を開始(NTTデータ)

  10. 「SharePoint Online」上のファイルを暗号化するソリューション(日立ソリューションズ)

  11. Citizen LabとLookoutから指摘を受けたセキュリティ問題を修正したiOS 9.3.5をリリース(Apple)

  12. 暗号処理にかかるエネルギーを50%以上削減、IoT機器の次世代ネットワークの安全性向上に期待(東北大学、NEC)

  13. ホスティング事業者向けに3種類のSSLサーバ証明書をAPI提供(シマンテック)

  14. ネットワーク“迷宮化”ソリューションにランサムウェア検知・防御機能(アズジェント)

  15. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  16. 振り込め詐欺や迷惑電話対策の機能を強化したデジタルコードレス電話機を発売(パナソニック)

  17. 組織内CSIRTの構築から運営までを総合的に支援するソリューション(IIJ)

  18. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  19. 内部脅威対策製品にデジタル変革の波、外部脅威対策製品より伸びる予測(IDC Japan)

  20. 脅威インテリジェンスをSplunkに統合できるプラグインを提供開始(カスペルスキー)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★9月15日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★9月15日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×