特殊詐欺の認知件数、被害額が減少に転じる--年間レポート(警察庁)

2016年1月29日(金) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
特殊詐欺の認知状況の画像
特殊詐欺の認知状況
特殊詐欺対策の推進状況の画像
特殊詐欺対策の推進状況
警察庁は1月28日、2015年の特殊詐欺認知・検挙状況等について発表した。発表によると、2015年における特殊詐欺の認知件数は13,828件で、前年比で436件(3.3%)の増加、被害総額は476.8億円で同88.7億円の減少(-15.7%)となった。被害額は減少に転じたものの、依然として高水準で推移している。1件あたりの被害額は373.4万円で、同81.0万円の減少(-17.8%)となっている。なお、首都圏の1都3県での認知件数および被害額は大幅に減少したが、地方大都市圏の大阪、岡山、福岡などは増加したという。

一方で、取締りの推進の結果として、検挙件数は4,114件で同862件の増加(26.5%)、検挙人員は2,552人で同567人の増加(28.6%)と、いずれも2011年以降最多となっている。具体的には、60箇所の犯行拠点を摘発し、343人を検挙した。もっとも多かったのは東京23区内の45拠点、埼玉4件、千葉4件、神奈川3件などとなっている。同半期の特徴として、高齢者(65歳以上)の特殊詐欺被害が増加していることを挙げている。同庁では今後の取り組みとして、「犯行グループの摘発強化」「犯行ツール対策」「関係事業者等との連携強化」を挙げている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
Netisi社製およびD-Link社製のルータに対するアクセスが増加(警察庁)

警察庁は、@policeにおいて2015年12月期の「インターネット観測結果等」を発表した。

icon
「Redis」の脆弱性を狙いファイルのアップロードを試すアクセスを観測(警察庁)

警察庁は、オープンソースのNoSQLデータベースである「Redis」を標的としたアクセスを観測したとして、「@police」において注意喚起を発表した。

icon
「Joomla!」使用Webサイトに、PHPの脆弱性の有無を調べる不正アクセス(警察庁)

警察庁は、「Joomla!」を使用したWebサイトに対するPHPの脆弱性を標的とした不正なアクセスを観測したとして、「@police」において注意喚起を発表した。

icon
「WebLogic Server」や「vBulletin」に対するアクセスが増加(警察庁)

警察庁は、@policeにおいて2015年11月期の「インターネット観測結果等」を発表した。

icon
少人数による攻撃でも深刻な影響を与える「Slow HTTP DoS Attack」を把握(警察庁)

警察庁は、Slow HTTP DoS Attackの可能性が疑われる攻撃事例を把握したとして、「@police」において注意喚起を発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト