機械学習IT運用分析ソフトをトレンドマイクロが採用(サイオス、トレンドマイクロ)

2016年1月13日(水) 17時52分
このエントリーをはてなブックマークに追加
機械学習IT運用分析ソフトをトレンドマイクロが採用(サイオス、トレンドマイクロ)の画像
機械学習IT運用分析ソフトをトレンドマイクロが採用(サイオス、トレンドマイクロ)
サイオステクノロジー株式会社(サイオス)と同社の米国子会社SIOS Technology Corp.(米国サイオス)は1月12日、機械学習技術を導入したIT運用分析ソフトウェア「SIOS iQ」が、VMWare環境の分析用としてトレンドマイクロ株式会社に採用されたと発表した。

SIOS iQは、コンピュート・リソース、ストレージ、ネットワーク、アプリケーションなどシステムに存在するすべてを網羅した監視・分析を可能とするさまざまなデータセットを統合し、高度な機械学習技術を用いた分析エンジンを実装している。

トレンドマイクロでは従来、顧客のパフォーマンス問題の根本原因を見つけるために、複数の分析ツールを駆使するほか、各技術分野の専門家を招集して分析するという伝統的な「ウォー・ルーム」アプローチをとっていた。しかしSIOS iQにより、短時間でパフォーマンス問題の根本原因を発見し、解決する手段を与え、IT運用担当者の稼働時間を低減して厳格なサービスレベルを維持することを可能にしたという。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon

株式会社CSK Winテクノロジ、サイオステクノロジー株式会社、センドメール株式会社の3社は9月10日、センドメールの「Sendmail Advanced Message Server(SAMS)」で構築されたメールシステム向けの高可用性クラス...

icon

 株式会社CSK Win テクノロジ、サイオステクノロジー株式会社、センドメール株式会社の3社は9月10日、都内で記者会見し、センドメールの「Sendmail Advanced Message Server(以下、SAMS)」で構築されたメールシ...

icon

サイオステクノロジー株式会社とフォーティファイ・ソフトウェア株式会社は8月27日、アプリケーションソフトウェアの脆弱性を発見、修正するソフトウェア「Fortify SCA」をレンタルで提供するサービスを開始した。

icon

 横河電機株式会社は4月1日、ネットワーク・セキュリティ対策のための日本語脆弱性情報サービス「SIOS(サイオス)データベース」を開発、同日より販売開始すると発表した。「SIOSデータベース」は、米シマンテ...

RSS

特集・連載

ピックアップフォト