2016.06.27(月)

「治安の回顧と展望」暫定版を公開、引き続きサイバー攻撃の悪質化など懸念(警察庁)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

警察庁は12月8日、「治安の回顧と展望(平成27年版)」の暫定版を公開した。本書は、治安における国際情勢、国内情勢、治安情勢、警備実施をまとめたもの。平成27年の回顧と平成28年の展望もまとめられている。これにはサイバー空間における警備情勢も含まれているほか、外事情勢として米中首脳会談におけるサイバー攻撃に関するやり取りを取り上げている。

サイバー攻撃に関する国内情勢としては、高速増殖原型炉「もんじゅ」の発電課当直員が使用する事務処理用PCのマルウェア感染、サイバー攻撃による日本年金機構の情報漏えいをはじめ、日本の複数の機関、団体、事業者等において、サイバー攻撃による情報窃取等の被害が発生していたことが明らかとなったとして、「サイバーインテリジェンス情報共有ネットワーク」の取り組みを紹介している。

海外情勢としては、フランスの国際放送局がISILの賛同者とみられる「CyberCaliphate」と称する者によるサイバー攻撃を受けた事件や、米連邦政府人事管理局(OPM)が、2,150万人分の職員情報を窃取された事件を紹介している。同書ではサイバー攻撃対策として「体制の強化」「サイバー攻撃の実態解明」「官民連携の推進による被害の未然防止」を挙げているが、これは昨年度版と同じ内容となっている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 最新のOWASPアプリケーションセキュリティ検証標準の翻訳版を公開(JPCERT/CC)

    最新のOWASPアプリケーションセキュリティ検証標準の翻訳版を公開(JPCERT/CC)

  2. 2014年の個人情報漏えい、1件の大規模漏えいで人数、損害賠償額が大幅増(JNSA)

    2014年の個人情報漏えい、1件の大規模漏えいで人数、損害賠償額が大幅増(JNSA)

  3. 2016年第1四半期および2015年度のインシデント傾向を発表(ラック)

    2016年第1四半期および2015年度のインシデント傾向を発表(ラック)

  4. デジタル・ビジネスへの移行におけるサイバーセキュリティの重要性に言及(ガートナー)

  5. メール本文のリンク先と添付文書双方にマルウェア--標的型攻撃事例を公開(IPA)

  6. システムログ管理の実態を調査、4種類のタイプと実装レベルも解説(IPA)

  7. 医療機器におけるセキュリティ、現場では脅威の認識や対策意識に差(IPA)

  8. 米国のスマホの次世代高速通信対応、1年で6%から35%に拡大(NPDグループ)

  9. 最新脅威レポートから判明した標的型攻撃で狙われやすい業種と職種(シマンテック)

  10. パーソナル情報のビジネス活用や課題の現状をまとめた報告書を公開(IPA)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×