2016.06.28(火)

「見ただけで感染する正規サイト」日本での被害が増加--四半期レポート(トレンドマイクロ)

脆弱性と脅威 脅威動向

トレンドマイクロ株式会社は11月19日、日本国内および海外でのセキュリティ動向を分析した報告書「2015年第3四半期セキュリティラウンドアップ:見ただけで感染する『正規サイト汚染』の脅威」を公開した。今期は、「汚染された正規サイト」を経由する国内向けの攻撃が多数確認されたほか、国内のオンライン銀行詐欺ツールの検出台数が増加し、対前四半期比約2倍となった。

2015年第3四半期は、日本国内からのアクセスを確認した42件の脆弱性攻撃サイトのうち、86%が正規サイトの改ざんや不正広告が表示された正規サイトを経由するもので、汚染された正規サイト経由であったことが確認された。また、42件の脆弱性攻撃サイトから侵入する不正プログラムの6割以上が、オンライン銀行詐欺ツールやランサムウェアなど金銭目的の攻撃であった。脆弱性攻撃サイトへのユーザの誘導は全世界的に増加傾向にあり、2014年第3四半期と比較して約9倍の約380万件に増加した。このうち日本国内からのアクセスは、約170万件(約45%)を占めた。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. WordPress用プラグイン「Welcart e-Commerce」に複数の脆弱性(JVN)

    WordPress用プラグイン「Welcart e-Commerce」に複数の脆弱性(JVN)

  2. OS Xなどで使用される「mDNSResponder」に複数の脆弱性(JVN)

    OS Xなどで使用される「mDNSResponder」に複数の脆弱性(JVN)

  3. Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性

    Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性

  4. コレガ製の複数の無線LANルータに脆弱性(JVN)

  5. Docker APIやH.323 プロトコルのポートに対するアクセスが増加(警察庁)

  6. Apache Commons FileUpload のマルチパートリクエストの処理に起因する DoS の脆弱性(Scan Tech Report)

  7. 「Apache Struts 2」に深刻な脆弱性、バージョンアップを強く推奨(ラック)

  8. 2013年にサポートが終了している「Apache Struts1」に複数の脆弱性(JVN)

  9. 少人数による攻撃でも深刻な影響を与える「Slow HTTP DoS Attack」を把握(警察庁)

  10. 「ntpd」に複数の脆弱性、アップデートを呼びかけ(JVN)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×