マネージドサービスの即時通信遮断機能が「i-FILTER」に対応(NTT.Com)

2015年11月13日(金) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
サービス提供イメージの画像
サービス提供イメージ
NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT.Com)は11月12日、「WideAngleマネージドセキュリティサービス リアルタイムマルウェア検知(RTMD)」のメニューを拡充したと発表した。RTMDでセキュリティ機器と連携する即時通信遮断機能に、従来から提供しているパロアルトネットワークス、ブルーコートシステムズに加え、新たにデジタルアーツの「i-FILTER」との連携が可能になった。

これによりユーザは、従来自社のICT環境への侵入検知・防御が困難であった、添付ファイル付メールの受信やWebサイトでのファイルダウンロードなどの経路で侵入する未知のマルウェアを、自社のICT環境とインターネットとの接続点において遮断することが可能となり、重要情報の漏えいリスクを大幅に低減できるとしている。「通信遮断オプション」(i-FILTER)の初期費用は無料、月額費用は280,000円(税抜)。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
2015年の「CYDER」を開始、6回以上を実施予定(NTT.Comほか)

NTT Com、日立製作所およびNECは、総務省から受託した「サイバー攻撃複合防御モデル・実践演習の実証実験」の一環として、今年度第1回目の「実践的サイバー防御演習(CYDER)」を開始した。

icon
マネージドセキュリティサービスの運用基盤に人工知能、検知・分析を強化(NTT.Com)

NTT.Comは、総合リスクマネジメントサービス「WideAngle」のマネージドセキュリティサービスの運用基盤において、人工知能によりサイバー攻撃に対する検知・分析力を大幅に強化する。

icon
「WideAngle」における未知のマルウェア対策を大幅に強化(NTT.Com)

NTT.Comは、総合リスクマネジメントサービス「WideAngle」において、プロフェッショナルサービス「コンサルティング」および「レスキューサービス」における未知のマルウェアへの対策を大幅に強化したと発表した。

icon
映像データから人間の動作を高精度に検知、テロ対策などの防犯・セキュリティ分野へ応用も(NTT Com)

 NTTコミュニケーションズは7日、新しい人工知能技術として「時系列Deep Learning」を開発し、映像データから人間の動作を高精度に検知することに成功したことを発表した。

icon
セキュアなVPNで接続されたマルチクラウド環境が構築可能に(NTT Com)

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は26日、同社のVPN「Arcstar Universal One」において、マルチクラウド環境を構築できるオプション「Multi-Cloud Connect」の提供を開始した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト