2016年上半期に漏えいしたデータ件数は世界で5億5千万件、北米が約8割(ジェムアルト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.01.19(木)

2016年上半期に漏えいしたデータ件数は世界で5億5千万件、北米が約8割(ジェムアルト)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

ジェムアルト株式会社は9月21日、データ漏えいの深刻度を指標化した「2016年上半期 Breach Level Index」の結果を発表した。この調査は、世界中のデータ漏えい情報を収集し、その要因を考慮して深刻度を数値化したもので、「比較的安全な」データ漏えいと「危険な」データ漏えいを見極めることを目的としている。

これによると、2016年上半期は世界で974件(前年下半期は844件)のデータ漏えいが報告され、漏えいしたデータ件数は5億5,400万件(同4億2,400万件)を超えた。漏えいしたデータの種類では「なりすまし」が64%でもっとも多く、データの漏えい源では「外部の悪意あるユーザ」が69%とトップであった。なお、2016年上半期に発生したデータ漏えい事件のうち、52%は漏えいしたデータ件数は報道されていない。

業種別では、医療業界が27%でもっとも多かったが、漏えいしたデータ件数は前年下半期の12%から5%へと減少している。政府機関は14%と前年下半期と同水準であったが、漏えいしたデータ件数は57%を占めている。以下、金融サービス(12%)、小売業および教育機関(11%)と続いた。地域別では、北米(79%)、欧州(9%)、アジア(8%)において多く発生した。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

調査・レポート・白書 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 経営層向けの「セキュリティ指南書」を無償提供(パロアルトネットワークス)

    経営層向けの「セキュリティ指南書」を無償提供(パロアルトネットワークス)

  2. IoT機器やネットワーク機器、サーバソフトの脆弱性を悪用する攻撃が多発(ラック)

    IoT機器やネットワーク機器、サーバソフトの脆弱性を悪用する攻撃が多発(ラック)

  3. インシデント報告が29%増加、スキャンが半数を超える--四半期レポート(JPCERT/CC)

    インシデント報告が29%増加、スキャンが半数を超える--四半期レポート(JPCERT/CC)

  4. 悪意の投稿は同水準、マナーは若年層を中心に年々低下--意識調査(IPA)

  5. 米企業の半数はランサムウェア攻撃を経験、7割が身代金を支払う(日本IBM)

  6. サイバーセキュリティ経営ガイドライン解説書を公開、最近の被害事例も(IPA)

  7. 日本の情報セキュリティ 2015 年度市場規模 9,000 億円 突破を予測、情報セキュリティ保険も伸長(JNSA)

  8. Wi-Fi提供事業者と利用者に向けたセキュリティガイドを公開(トレンドマイクロ)

  9. 長期休暇前後に行うべきセキュリティ対策を紹介、VistaやRHEL対応も(IPA)

  10. 日本の閲覧数上位50のWebサイトのうち、15のサイトで脆弱性のあるOSを使用(マクニカネットワークス)

全カテゴリランキング

特集

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×