コンプライアンス遵守による情報漏えい抑止効果への期待は国際比較で約半分(Vormetric)

2016年3月15日(火) 09時31分
このエントリーをはてなブックマークに追加
米Vormetric社のマーケティング担当副社長であるティナ・スチュワート氏の画像
米Vormetric社のマーケティング担当副社長であるティナ・スチュワート氏
機密データの脆弱性、日・米・国際比較の画像
機密データの脆弱性、日・米・国際比較
危険と思われている内部アカウント一覧の画像
危険と思われている内部アカウント一覧
サイバーテロやサイバー犯罪と並んで「競合」がランクインした外部脅威要因の画像
サイバーテロやサイバー犯罪と並んで「競合」がランクインした外部脅威要因
日・米・グローバルで差が出たセキュリティ投資の対象の画像
日・米・グローバルで差が出たセキュリティ投資の対象
米Vormetric社は3月10日、データセキュリティの調査結果「Vormetric 2016 Data Threat Report 日本版」を公開した。同社ではこれまでグローバルのデータセキュリティの調査を4回実施しており、今回発表した日本版レポートは、同調査結果から日本の企業・団体のデータ脅威に対する認識、データ漏えい発生状況、データセキュリティに対する考え方や投資計画を抜き出し、まとめた。

《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
内部犯行に関するレポート、日本の認識の低さが明らかに(アズム、Vormetric)

アズムは、米Vormetric社による内部犯行に関する調査レポートの最新版として、日本およびASEANにフォーカスした「2015 Insider Threat Report Japan and ASEAN edition(日本/ASEAN版)」の日本語版を発表した。

icon
最もリスクが高い社内グループ、欧米は「特権ユーザ」日本は「一般社員」(アズム)

アズムは、同社が日本総代理店を務める米Vormetric社によるレポート「2015 Insider Threat Report(ITR)Global edition」のダイジェストを日本語化し、公開した。

icon

「もしもあなたが、ルートへのログインに『sudo』または『su』を利用する非特権ユーザアカウントを使っているのなら、我々はアカウントのパスワードの変更を勧める」

icon
特権ユーザの操作の管理で内部犯行を防止するSaaS型IT運用基盤サービス(富士通SSL)

富士通SSLは、SaaS型IT運用基盤サービス「Vistara」を同日より販売開始した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト