「災害用伝言ダイヤル(171)」の機能を拡充、IP電話、携帯電話、PHSからも登録可能に(NTT東日本、NTT西日本)

2016年3月10日(木) 12時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加

災害用伝言ダイヤル(171)が携帯電話や050IP電話からも利用可能に

機能拡充後の「災害用伝言ダイヤル(171)」の利用イメージ。「災害用伝言板(web171)」と連携し、それぞれで登録された伝言内容が相互で確認可能に(画像はプレスリリースより)の画像
機能拡充後の「災害用伝言ダイヤル(171)」の利用イメージ。「災害用伝言板(web171)」と連携し、それぞれで登録された伝言内容が相互で確認可能に(画像はプレスリリースより)
「災害用伝言ダイヤル(171)」の現行サービスと、18日から提供される新しいサービスとの変更点。携帯電話や050番号からも伝言の登録が可能になる(画像はプレスリリースより)の画像
「災害用伝言ダイヤル(171)」の現行サービスと、18日から提供される新しいサービスとの変更点。携帯電話や050番号からも伝言の登録が可能になる(画像はプレスリリースより)
 NTT東日本とNTT西日本は、18日から両社が運用している「災害用伝言ダイヤル(171)」の機能を拡充することを発表した。

 「災害用伝言ダイヤル(171)」は、地震等の災害が発生して通信がつながりにくくなった場合に提供が開始されるサービス。安否情報の伝達手段として1998年3月に運用が開始され、東日本大震災では伝言の登録と再生を合わせて約350万回利用された。

 これまでは固定電話と050を除くIP電話からのみ伝言の登録が可能だったが、今後は050から始まるIP電話、携帯電話、PHSからも伝言を登録できるようになる。また電話番号あたり最大10件だった伝言の登録件数を最大20件まで増やすほか、伝言の保存期間も48時間からサービスの提供期間終了までに延長する。

 さらに、両社が提供する「災害用伝言板(web171)」との連携機能も追加。本サービスに登録された伝言が「災害用伝言板(web171)」でも音声ファイルとして再生可能になり、「災害用伝言板(web171)」に登録された伝言(テキスト)も、音声変換した上で本サービスでの再生が可能になる。

 両社が提供する加入電話、ISDN、公衆電話、ひかり電話から伝言を録音・再生する場合の通話料は無料(他社契約でも利用は可能)。また毎月1日および15日、正月三が日、防災とボランティア週間(1月15日~1月21日)、防災週間(8月30日~9月5日)には本サービスの体験利用ができる。
《防犯システム取材班/小菅篤@RBB TODAY》

注目ニュース

icon
災害時の石油供給を円滑に進められるよう「情報共有に関する覚書」を締結(NTTグループ、石油連盟)

 日本電信電話、東日本電信電話、西日本電信電話、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモは2日、日本の石油精製・販売会社の業界団体「石油連盟」(14社)と、「災害時の重要施設にかかわる情報共有」を進めること...

icon
ドローンを活用した「メッセージ蓄積中継システム」を開発、災害時に基地局の復旧を待たずにメールのやりとりが可能に(KDDI研究所)

 農業、インフラ維持、災害時対策など、幅広い領域での活躍が期待されている無人航空機(ドローンなど)。その利用方法として、「Eメールの配送」が新たに加わった。KDDI研究所は25日、災害時を想定した「メッセ...

icon
災害発生時に複数の拠点間でのリアルタイムの情報共有・指示が可能に(パイオニアVC)

 パシフィコ横浜で5日まで開催されていた「第20回 震災対策技術展 横浜」に出展したパイオニアVCは、同社のテレビ・Web会議システム「xSync」(バイシンク)を活用した災害発生時の緊急対策ソリューションの数々...

icon
震災や津波、洪水などあらゆる災害への対策が取られた「大阪第5データセンター」を開設(NTT Com)

 NTTコミュニケーションズは18日、災害に強い「大阪第5データセンター」を開設したことを発表した。

icon
長距離無線LANシステムの災害時の通信システムとしての有効性を実証(日本電業工作)

 日本電業工作は9日、同社の「FalconWAVE4.9G/2.4G」を利用した実験を行い、災害時の通信システムとしての有効性を実証したことを発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト