2016.06.26(日)

心理学的なアプローチにより中高生のスマートフォン長期間利用問題を改善するアプリを開発(KDDI研究所)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 KDDI研究所は、中高生のスマートフォン長期間利用問題を改善するためのホームアプリ「勉強うながしホーム」を開発した。心理学的なアプローチにより、中高生が自ら適切なスマートフォン利用を行えるようにするという。Android(バージョン4.2以上)対応。

 内閣府が行った「平成26年度青少年のインターネット利用環境実態調査」によると、高校生のスマホ平均利用時間は1日2.58時間。また、10人に1人が1日5時間以上利用しているという。過度な利用は、青少年の学力低下や体調不良、トラブル経験の増加などに陥る可能性があり、その改善が求められている。

 KDDI研究所が開発したホームアプリ「勉強うながしホーム」は、行動経済学の「Nudgeの設計思想」をもとに開発。スマホ利用を物理的に制限せずに情緒的・客観的に行動変容を促すコンテンツを表示することで、利用者が自らスマホを適切に利用できるように支援するという。

 「勉強うながしホーム」には、適切なスマホ利用への気づきを与え、過度な利用を自ら控えるように促す「通常モード」と、勉強に役立つアプリのみを登録しておくことでスマホが手元にあっても勉強に集中できる「勉強モード」の2つのモードを搭載している。それぞれのモードで利用したいアプリを登録できるほか、利用時間により変化する背景画像やウィジェット、100以上のポップアップメッセージ、スマホ利用時間表示などのコンテンツを表示する。

 KDDI研究所はKDDIと協力し、3月6日に兵庫県猪名川町で開催される第4回猪名川町青少年フォーラム「INAGAWAスマホサミット」で、機能を限定した「勉強うながしホーム(猪名川町青少年健全育成推進会議コラボ版)」を提供する。

 KDDI研究所では、今後、トライアルを通じて促しという心理的アプローチの有効性を評価していくとともに、中高生やその保護者たちが安心・安全と感じられるスマホ環境を提供するため、引き続き「勉強うながしホーム」の改善を進めていくという。

KDDI研究所、中高生向けスマホ依存改善アプリ開発

《外岡紘代@リセマム》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. IoTのセキュリティは認証や通信、データの暗号化が特に重要な生命線に

    IoTのセキュリティは認証や通信、データの暗号化が特に重要な生命線に

  2. サイトの閲覧を制限するPS4向けのWebセキュリティサービスを提供開始(トレンドマイクロ)

    サイトの閲覧を制限するPS4向けのWebセキュリティサービスを提供開始(トレンドマイクロ)

  3. AWS 向け SaaS 型セキュリティサービス Alert Logic 概要と提供価格

    AWS 向け SaaS 型セキュリティサービス Alert Logic 概要と提供価格

  4. るるぶ.comに不正アクセス、登録ユーザ1,163名の情報が流出の可能性

  5. Windows 10へのアップグレード、確認・留意が必要な事項について注意を呼びかけ(消費者庁)

  6. 中小企業向け情報セキュリティ対策支援サイトを公開、プレゼンター募集も(IPA)

  7. DDoS攻撃を伴う企業サイトへの恐喝が多発

  8. 米Pulse Secure社の日本法人を設立、SSL-VPNアプライアンスを発売(パルスセキュアジャパン)

  9. スマートフォンやSNSの中学生向け安全教室開催(トレンドマイクロ)

  10. マウスで宛先等をなぞることでメールの誤送信を未然に防止(KDDI研究所)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×