2016.06.30(木)

防犯アプリ「Digi Police」をリリース、特殊詐欺の啓発のため「詐欺カルタ」を実装(警視庁犯罪抑止対策本部)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 警視庁犯罪抑止対策本部は、スマートフォン用の防犯アプリ「Digi Police」のリリースを記念して、2日、池袋にあるニコニコ本社にて公開記者発表会を開催した。

 スマートフォンアプリ「Digi Police」は1日より公開されており、警視庁犯罪抑止対策本部が企画し、スマートフォンアプリ開発を行うドーンが制作を担当して、約8ヵ月の開発期間を経て誕生した。

 アプリは「意外と使える」をコンセプトとしており、お堅いイメージがある警視庁公認ながら、程よくゆるい点を特徴としている。非公式キャラクターからスタートして、公認キャラに昇格したケモノ娘の「テワタサイーヌ」をはじめ、ボーカロイド/ボイスロイドとして人気の「結月ゆかり」が登場するなど、若者世代やネット文化に精通した作りこみとなっている。

 実用面では警視庁の公開捜査情報を簡単に表示でき、容疑者の姿をとらえた防犯カメラの画像や映像とともに情報提供・通報先までの誘導まで行われているため、アプリの普及による捜査効果の向上なども期待できる。

 また、特殊詐欺を防ぐための啓蒙を目的に「詐欺カルタ」が実装されており、詐欺に関するキーワードを結月ゆかりが読み上げるなど、ゆるく楽しみながら使い込んでいくことができる作りとなっている。

 アプリの使用状況によって壁紙などに使えるキャラクターが増加していくといった使い込み要素も盛り込まれており、使用状況はパーセント表示で確認することができる。使い込み要素に関しては、各機能の使用を一日一回でカウントしており、「短期間で攻略する」といったものではなく、じっくり長期間使っていく方式が採用されている。

 警視庁のアプリとなるため公開されている捜査情報は首都圏のものとなるが、アプリの利用は全国どこでも可能。

 会見終了後に、警視庁犯罪抑止対策本部の中村氏に同アプリを制作した経緯を尋ねたところ、各種詐欺犯罪の予防には、被害者となる高齢の方々への啓蒙だけでなく、子世代、孫世代への啓蒙も必要だと考えて、こうした親しみやすい形になったそうだ。

子ども&孫世代を取り込んで全世代で詐欺防止!警視庁の防犯アプリ「Digi Police」

《防犯システム取材班/小菅篤@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. ソフトウェアテストの秀才集団、セキュリティ診断事業の「ヒト」の課題解決に取り組む(SHIFT SECURITY)

    ソフトウェアテストの秀才集団、セキュリティ診断事業の「ヒト」の課題解決に取り組む(SHIFT SECURITY)

  2. 新たに創設される支援士試験は、現行のSC試験と置き換わる位置づけに(IPA)

    新たに創設される支援士試験は、現行のSC試験と置き換わる位置づけに(IPA)

  3. 「TECHORUS SECURITY」ブランドでマネージドセキュリティ市場に本格参入(NHN テコラス)

    「TECHORUS SECURITY」ブランドでマネージドセキュリティ市場に本格参入(NHN テコラス)

  4. 宅急便やクロネコ等を騙る迷惑メールが多発、ヤマト運輸が注意を呼びかけ(ヤマト運輸)

  5. シンガポール現地法人がラウド情報セキュリティ管理規格の認証を取得(IIJ)

  6. ファイル検査も可能なインターネット分離クラウドサービスを提供開始(セコムトラストシステムズ)

  7. スマートフォンセキュリティ 脅威の増加と利用時の留意事項 他(ダイジェストニュース)

  8. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  9. 不正送金の可能性が高いときのみ認証を求めるトランザクション署名を追加(EMCジャパン)

  10. 国家試験「情報セキュリティマネジメント試験」を2016年4月より実施(IPA)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×