2016.07.29(金)

防犯アプリ「Digi Police」をリリース、特殊詐欺の啓発のため「詐欺カルタ」を実装(警視庁犯罪抑止対策本部)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 警視庁犯罪抑止対策本部は、スマートフォン用の防犯アプリ「Digi Police」のリリースを記念して、2日、池袋にあるニコニコ本社にて公開記者発表会を開催した。

 スマートフォンアプリ「Digi Police」は1日より公開されており、警視庁犯罪抑止対策本部が企画し、スマートフォンアプリ開発を行うドーンが制作を担当して、約8ヵ月の開発期間を経て誕生した。

 アプリは「意外と使える」をコンセプトとしており、お堅いイメージがある警視庁公認ながら、程よくゆるい点を特徴としている。非公式キャラクターからスタートして、公認キャラに昇格したケモノ娘の「テワタサイーヌ」をはじめ、ボーカロイド/ボイスロイドとして人気の「結月ゆかり」が登場するなど、若者世代やネット文化に精通した作りこみとなっている。

 実用面では警視庁の公開捜査情報を簡単に表示でき、容疑者の姿をとらえた防犯カメラの画像や映像とともに情報提供・通報先までの誘導まで行われているため、アプリの普及による捜査効果の向上なども期待できる。

 また、特殊詐欺を防ぐための啓蒙を目的に「詐欺カルタ」が実装されており、詐欺に関するキーワードを結月ゆかりが読み上げるなど、ゆるく楽しみながら使い込んでいくことができる作りとなっている。

 アプリの使用状況によって壁紙などに使えるキャラクターが増加していくといった使い込み要素も盛り込まれており、使用状況はパーセント表示で確認することができる。使い込み要素に関しては、各機能の使用を一日一回でカウントしており、「短期間で攻略する」といったものではなく、じっくり長期間使っていく方式が採用されている。

 警視庁のアプリとなるため公開されている捜査情報は首都圏のものとなるが、アプリの利用は全国どこでも可能。

 会見終了後に、警視庁犯罪抑止対策本部の中村氏に同アプリを制作した経緯を尋ねたところ、各種詐欺犯罪の予防には、被害者となる高齢の方々への啓蒙だけでなく、子世代、孫世代への啓蒙も必要だと考えて、こうした親しみやすい形になったそうだ。

子ども&孫世代を取り込んで全世代で詐欺防止!警視庁の防犯アプリ「Digi Police」

《防犯システム取材班/小菅篤@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. WebフィルタリングソフトとFireEyeを連携、C&Cサーバとの通信を遮断(ALSI)

    WebフィルタリングソフトとFireEyeを連携、C&Cサーバとの通信を遮断(ALSI)

  2. 次世代FWをバージョンアップ、Azureのクラウド環境の一元管理を可能に(バラクーダネットワークス)

    次世代FWをバージョンアップ、Azureのクラウド環境の一元管理を可能に(バラクーダネットワークス)

  3. IoTに関わる事業者を対象にIoTセキュリティ専門情報サイトを公開(トレンドマイクロ)

    IoTに関わる事業者を対象にIoTセキュリティ専門情報サイトを公開(トレンドマイクロ)

  4. 「CipherCraft/Mail」新バージョン、人間工学に基づき誤送信を防止(NTTソフトウェア)

  5. Windows 10へのアップグレード、確認・留意が必要な事項について注意を呼びかけ(消費者庁)

  6. メール無害化機能を搭載した「FortiMail」で自治体向けソリューション提供(フォーティネットジャパン)

  7. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  8. 「ポケモンGO」先行配信された海外では詐欺、出会い勧誘例も

  9. マイナンバーカードの公的個人認証サービスを活用した本人確認ソリューションを提供開始(NTTデータ)

  10. 八重洲に産官学連携の寄附講座、サイバーセキュリティのトップガンを育成(東京大学大学院情報学環)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×