2016.07.02(土)

検知されないモバイルデバイスのセキュリティ侵害が企業への突破口に(モバイルアイアン・ジャパン)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

モバイルアイアン・ジャパンは3月2日、「2015年第4四半期モバイルセキュリティ&リスク報告(Q4 2015 Mobile Security and Risk Review:Q4セキュリティ報告)」を発表した。これは、米MobileIron社の新しい研究部門であるモバイルアイアン・セキュリティ・ラボ(MobileIron Security Labs:MISL)によるもの。

モバイルデバイスは、ユーザが個人識別番号(PIN)防御を無効にしたり、デバイスを紛失したり、最新ポリシーが欠如するなど、さまざまな理由で適合していないことがあり、それがマルウェアやセキュリティ上の弱点を突く手段や、データ窃盗のための広範な攻撃対象領域を作り出す。ジェイルブレイクやルート化されたデバイスをセキュリティ侵害と見なして計算すると、第4四半期に1割の企業で1台のデバイスがセキュリティ侵害を受け、そうした企業の数は42%増加したという。

同社では、たった1台のモバイルデバイスがセキュリティ侵害を受け、それが検知されなければ、ひとつの突破口となるとし、それは極めて大きな問題であるとしている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 複数の標的型攻撃の相関分析により、攻撃手口や攻撃者の目的に迫る(IPA)

    複数の標的型攻撃の相関分析により、攻撃手口や攻撃者の目的に迫る(IPA)

  2. Androidデバイスを狙うランサムウェアの攻撃が急増、遭遇者は1年で約4倍(カスペルスキー)

    Androidデバイスを狙うランサムウェアの攻撃が急増、遭遇者は1年で約4倍(カスペルスキー)

  3. CSIRT構築および運用の実態調査、構築時に定めるべき事項が明らかに(JPCERT/CC)

    CSIRT構築および運用の実態調査、構築時に定めるべき事項が明らかに(JPCERT/CC)

  4. トップページのEV SSL対応は10社中3社--主要電力会社サイトのSSL対応状況(ビットスター)

  5. 公共・製造・金融… 産業別サイバー攻撃ベスト 3 (ベライゾンジャパン)

  6. 外部にさらされているインフラは東京が突出~SHODANで見る5都府県(トレンドマイクロ)

  7. システムログ管理の実態を調査、4種類のタイプと実装レベルも解説(IPA)

  8. 大規模DDoS攻撃が増加、ピーク時に289Gbpsを記録した例も--四半期レポート(アカマイ)

  9. 情報セキュリティ対策の有効性を統計学的に分析(IPA)

  10. デジタル・ビジネスへの移行におけるサイバーセキュリティの重要性に言及(ガートナー)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×