2016.06.01(水)

コレガ製の無線LANルータに、意図しない操作をされる脆弱性(JVN)

脅威 セキュリティホール・脆弱性

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は3月2日、コレガ製の複数の無線LANルータにクロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSS v3によるBase Scoreは7.1。

コレガ製の無線LANルータ「CG-WLBARGMH」および「CG-WLBARGNL」には、CSRFの脆弱性(CVE-2016-1158)が存在する。この脆弱性が悪用されると、ユーザが、当該製品のWeb管理画面にログインした状態で細工されたページにアクセスした場合、意図しない操作をされるがある。JVNでは、Web管理画面にログインしている間、他のWebサイトにアクセスしないことで、本脆弱性の影響を軽減できるとしている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

脅威 アクセスランキング

  1. 細菌の増殖が活発化し食中毒が増える傾向に、細菌を「付けない」ためにハンドソープによる正しい手洗いを

    細菌の増殖が活発化し食中毒が増える傾向に、細菌を「付けない」ためにハンドソープによる正しい手洗いを

  2. Wi-Fiルータをハッキングするトロイの木馬を確認(Dr.WEB)

    Wi-Fiルータをハッキングするトロイの木馬を確認(Dr.WEB)

  3. 周術期情報管理システムに患者情報の取得や改ざんの脆弱性(JVN)

    周術期情報管理システムに患者情報の取得や改ざんの脆弱性(JVN)

  4. 「ウイルスバスター」に複数の脆弱性、個人向け、法人向けともに影響(JVN)

  5. 「Log-Chat」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性(JVN)

  6. 「サイボウズLive for Android」に複数の脆弱性(JVN)

  7. 「OWASP Top 10 for 2013」の日本語版を公開(OWASP)

  8. 「ISC BIND 9」にDoSの脆弱性、対策版の適用を呼びかけ(JPCERT/CC)

  9. Microsoft Internet Explorer の CSS インポートにおける解放済みメモリ使用の脆弱性(Scan Tech Report)

  10. Windowsを狙った新たなマルチコンポーネントバックドアなど確認(Dr.WEB)

アクセスランキングをもっと見る

PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内
PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内

PREMIUM 会員登録するとすべての会員限定記事が閲覧いただけます。

×